top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

車のレストアとは?費用・修理代や流れからおすすめ旧車種まで徹底解説

MOBY

レストア(restore)とは英語で「元の状態に戻す」という意味の言葉。転じて自動車の世界でレストアとは旧車を復活させることを指します。ここでは旧車のレストアを行う上での費用・修理代やレストア作業の流れから、ベースに適している車種まで徹底解説します。

※この記事は2018年に公開されたものを再編集した記事です。

旧車のレストアとは?その意味

レストア 旧車
Pedro Ribeiro Simões
出典 : https://www.flickr.com/

旧車を修理し、クルマとしての本来の機能を取り戻すことを「レストア」と言います。レストアは英語のrestore=元の状態に戻すという言葉からきたものです。

完全に故障している箇所はもちろん、傷みが進行している箇所や、ケアなしではすぐに傷んでしまう箇所を含め、車のメカ部分からインテリア、ボディに至るまで手を加えることを指します。

レストアには膨大な時間と予算、そして必要なパーツを探し出す根気と、地道な作業をコツコツと行う労力が必要です。そのためクルマ趣味の世界では、レストアは「王道」あるいは「究極の趣味」とも言われています。

レストアとオーバーホールの違い

広告の後にも続きます

レストアが自動車全体の修理やケアを指すのに対し、オーバーホールはエンジンやミッションなどのメカニカルな部分の点検・修理・交換を指します。

修理と異なるのは、1つの部品や故障箇所のみを直したり交換したりするのではなく、ある程度をまとめて点検・修理するという点です。一定期間が経過した機械部分を分解して検査し、不具合がない場合でも消耗品を交換します。

車の走行距離がかさめば、オーバーホールの機会は訪れます。したがって、1台の車を長く所有している人ほど、車の調子を保つためにオーバーホールは避けて通れないといえます。

しかし、1台の車を長く所有していてもレストアを行う人はほとんどいません。理由は前述の通り、レストアは修理・整備というよりも趣味の側面が強いためです。

愛車に思い入れが強い、整備が不十分な旧車やクラシックカーを購入したなど、こだわりのある人が行うものといえるでしょう。

エンジンのオーバーホールがDIYで可能?費用や時期から方法まで

旧車の定義

旧車の定義とは人によって異なりますが、だいたい製造から四半世紀以上が経過したクルマというのが一応の目安となるようです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル