top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

車体番号(車台番号)とは?検索方法から職権打刻の手続きについても

MOBY

車体番号(車台番号)とは?

駐車場に並ぶ車
©merrymuuu/stock.adobe.com

車体番号(車台番号)とは、自動車や原動機付自転車の車台部分に打刻されている、車両にとって固有の識別番号になります。同じ番号の車両は存在しません。

イメージするならば、マイナンバーのようなものに近いのかもしれません。正式には「車台番号」というのが正しい呼び方のようですが、地方などによっては車体番号という呼び方が一般的な場合もあるようです。

登録や車検にも必要な番号

新たに登録する車を特定する際や車検の際にも必要な番号なので、この番号のない車は登録や車検を受けることもできません。この番号の意味ですが、10桁の英数字・記号から車種だったりグレードなどの車両に関する情報が分かるようになっています。

ただし、具体的にこれらの番号の意味などは公開されていないので個人でそれらを特定することは不可能なようです。また、部品の供給やリコール対策の時にも使用されることもあるようです。

車体番号(車台番号)の位置と検索方法とは?

車台番号記載場所
出典:https://www.toyota.co.jp/

車体番号(車台番号)の位置は、車の骨格部分など外部からの損傷(事故)によっても影響を受けにくい場所へ刻印されていることが多いようです。

広告の後にも続きます

ほとんどの車種では、ボンネットを開けたエンジンルームの奥の「ダッシュパネル」と呼ばれる骨格部分に刻印されているのですが、車種やボディのタイプによってその場所も多様なようです。

リコール対象かどうかの確認に使用する事が多い

また、車検証にも車体番号(車台番号)の記載欄があるので、そこからも確かめることもできます。

車体番号知りたいという方の多くは、その車がリコールの対象なのかどうかを調べているケースがほとんどだと思われます。

国土交通省により、車体番号からリコール情報などを検索できるサイトがあるので、不安な方やお乗りの車種にリコールが発表された場合はそちらから確認してください。

そもそも職権打刻とは?

職権打刻
出典:http://www.tsukasa-kougyou.com/

職権打刻とは、何らかの理由でこの車体番号が無い、または読めなくなった場合に、新たに車体番号を打刻することを言います。

例えば、盗難車などは刻印された部分を削り取られている場合があります。これは、車体番号を残しておくことで盗難車だと発覚するのを防ぐためです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル