top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

父の仇討ちを誓う奥智哉“丘十郎”は新選組への入隊を志す<君とゆきて咲く>

WEBザテレビジョン

前田拳太郎と奥智哉がW主演を務めるドラマ「君とゆきて咲く〜新選組青春録〜」(毎週水曜夜0:15-0:45、テレビ朝日※関東ローカル)が、いよいよ4月24日(水)深夜よりスタートする。

■手塚治虫の隠れた名作を新たなスタイルで描くシン・時代劇ドラマ

本作は、史実を織り交ぜながら隊士たちの葛藤を描いた、手塚治虫氏の隠れた名作「新選組」を原作とした“シン・時代劇ドラマ”。幕末の時代を生き、はかなく散っていった新選組隊士たちの青春群像劇を、殺陣パフォーマンスや剣舞を取り入れた新たなスタイルで描く。

近藤勇や沖田総司、芹沢鴨など、新選組メンバーを中心に実在の人物も登場するが、物語の中心となるのは、オリジナルキャラクターとして描かれる深草丘十郎、鎌切大作という若き二人の隊士。二人は熱い友情を育んでいくものの、いつしか時代の波に翻弄(ほんろう)され、互いに殺し合わなくてはならない悲壮な運命へとなだれ込んでいく。

■ネクストブレーク必至の次世代キャストたちが集結!

物語の主人公となる大作と丘十郎を演じるのは、前田拳太郎と奥智哉。「仮面ライダーリバイス」(2021年~2022年、テレビ朝日系)で共演経験のある二人が、本作では熱い友情で結ばれた新選組の若き隊士を演じる。

また、二人を取り巻く新選組隊士には、杢代和人(原因は自分にある。)、羽谷勝太、柊太朗、庄司浩平、簡秀吉、藤岡真威人、阪本奨悟、永田崇人、三浦涼介、高野洸ら、舞台から音楽、SNSまでさまざまなステージで活躍する若手キャストが集結。

中でも、「人生が変わる、シン・時代劇オーディション『真剣 SHINKEN』~新選組への道~」と題したオーディションで南無之介役を勝ち取った羽谷のほか、ともに最終審査を戦った柊太朗、庄司、上野凱も参加。彼らがどんな躍動を見せるのかも注目だ。

■「君とゆきて咲く~新選組青春録~」第1話あらすじ

第1話では――

文久3(1863)年の京都。お人好しの父・七也が営む小さな茶屋で働く深草丘十郎(奥智哉)は、慎ましくも誠実に日々を生きていた。ところがある夜、店に逃げ込んできた佐幕派藩士をかくまった七也が、長州藩士の庄内玄悟(上野凱)に斬り殺されてしまい、その穏やかな日常が一変する。

怒りに震える丘十郎は庄内ら一味を追うべく店を飛び出すが、そこに現れた男が丘十郎の思いを引き取るかのごとく藩士の一人を鮮やかに斬り捨てる。彼は壬生浪士組局長・近藤勇(高野洸)と名乗り、丘十郎に「お父上の勇気に感謝する」と弔いの言葉をかけて去って行く。

逃げた庄内への復讐を誓う丘十郎は、壬生浪士組への入隊を決意。隊士募集の張り紙を頼りに入隊試験の会場に乗り込むが、集まったのは渋皮喜平(簡秀吉)をはじめ、いずれも腕に覚えのある実力者ばかりで、刀を持つことすらおぼつかない丘十郎は試合に臨むもまったく歯が立たない。

それでも入隊をあきらめきれない丘十郎は、沖田総司(藤岡真威人)の指示により、応募者の中でも群を抜く剣の達人・鎌切大作(前田拳太郎)と対戦することとなるが…。

――という物語が描かれる。

■予告動画にも反響続々!

公式ホームページなどで見ることのできる予告動画では、丘十郎と大作が刀を交えるという驚きのシーンに始まり、新選組隊士の仲間たちの姿が矢継ぎ早に映し出されていく。中でも、剣の達人である大作と試合で相対した丘十郎が、大作に覆いかぶさるシーンは胸キュン必至だ。

視聴者からは、「『やっと、俺を見た』がドキドキセリフすぎるし奥くん最高すぎる」「幕末の情緒溢れる街並みを技術を駆使して令和版にアップデートしたような映像が美しすぎ」などさまざまな反響が。キャストへの熱いコメントも寄せられており、イケメン隊士たちがどんな活躍を見せるのか楽しみだ。

ドラマ「君とゆきて咲く ~新選組青春録~」第1話は、4月24日(水)深夜0:15よりテレビ朝日にて放送。


 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル