top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

DJ SODA、わいせつ被害もファンとの触れ合いを続ける理由「私も痴漢にあった時に」生き様に励まされる女性も

ABEMA TIMES

 SNSの総フォロワー数が2300万人を超える韓国出身のインフルエンサー・DJ SODA。世界各国のフェスに出演する人気DJの彼女は、2023年8月、大阪で行われた音楽イベントで観客から胸などを触られる“わいせつ被害”に遭った。

 あれから8カ月…4月7日、再び来日したSODAにABEMAエンタメが密着取材。警備を強化した中で行われた“ファンとの交流イベント”、そしてナイトクラブでのパフォーマンス…SODAは、わいせつ被害にあってもなお、ファンとの触れ合いを望むのか?SNSだけでは見えない、DJ SODAの素顔に迫る。

わいせつ被害&誹謗中傷にあってもセクシーな衣装を着続ける理由

 6年連続でアジアナンバーワン女性DJに選出されるなど、目覚ましい活躍をみせるSODA。各国のフェスに引っ張りだこで、1年で20か国60都市を行き来している。

 DJとしてのキャリアを順調に重ねていく中、去年8月、日本を訪れた際にある出来事が。大阪で行われた音楽イベントで、観客から胸などを触られる“わいせつ被害”に遭ったのだ。その後、イベント会社が観客に対し刑事告発するも、訴えを取り下げ、金銭の賠償を求めず和解。

 この件は、メディアでも大きく取り上げられたが、SNS上では、被害にあったSODAに対し、「露出が多い服を着ているからだ」というコメントも寄せられた。

広告の後にも続きます

SODA「初めて誹謗中傷を見た時 怖くて外に出られなかったです。外に出ると、あの人もこの人もみんなから嫌われている気がして、最初はそれが悲しくて怖かったのに、活動を初めて10年になる今では誹謗中傷がないと『あれ?私の人気が落ちたのかな?』と逆に悲しくなるんです。今は誹謗中傷を見ると、「私の人気は今も健在だわ」とうれしくなります」

 誹謗中傷の的になったセクシーな衣装を今も着ているSODA。露出を続けるのには彼女なりの大切な理由があった。

SODA「自分の腕と肩のラインが綺麗だと思っていて、それでそれを見せるためには肩と腕が見える服を着ないとですけど、そんな服を着た時の自分が1番可愛いと思うし、自信も出るのでそのような服を好んで着ています。元々この服も長袖なんですけど切りました。高い服なのに切りました。店で切ってもらいました。値段は覚えていませんがバレンシアガです」

150人以上のファンに写真集を手渡し「至近距離で顔を見ながら話ができるのでとても大切な思い出です」

 インタビュー取材後、向かったのは、4月5日にリリースした自身初となる写真集の発売記念イベント。東京と沖縄で撮影したという写真集は、体をより豊満に見せるため あえて5kgほど増量し初のランジェリーショットにも挑戦した意欲作だ。そんな写真集をひっさげ、この日、SODAは人生初の試みにでた。

 150人以上のファンと触れ合うイベントを開催。会場には、不測の事態に備え、警備員を配置していた。

男性ファンA「Nice to meet you」
男性ファンB「頑張ってください」
男性ファンC「本物だ!」
SODA「本物? 偽物!(笑)」
男性ファンD「(能登半島地震支援で)寄付をしていただきありがとうございます。日本を代表してお礼を申し上げます」
SODA「ありがとう」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル