top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「隆矢を含めて、全員で勝ちに行く」韓国戦へ意気込む川﨑颯太、貴重な追加点となった自身のゴールには「クラブでやっていることを出せた」

超ワールドサッカー

U-23日本代表のMF川﨑颯太(京都サンガF.C.)が、U-23UAE代表戦を振り返った。

19日、AFC U23アジアカップのグループB第2節で日本はUAEと対戦した。

引き分け以上でグループステージ突破が決まる日本。初戦のU-23中国代表戦では苦しんだ中、1-0で勝利。連勝を目指した中、27分に木村誠二がヘディングで先制ゴールを奪う。

試合をコントロールし、何度となくチャンスを作る中で生かせなかった日本。それでも66分には川﨑がヘディングで追加点。0-2で勝利し、グループステージ突破を決めた。

今大会初出場となった川﨑。試合後のフラッシュインタビューで試合中の思考について「まずは自分たちが絶対に焦れないこと。相手の長身FWには一発があると思っていたので、リスク管理しながらも事故が起こるかもしれないので、絶対2点目を取りに行こうと共有していました」とコメント。1点差の状況を早く脱する必要があると考えていたという。

そんな中で前線に飛び出し貴重な追加点。ゴールについては「自分はボランチで相手を潰すところが特徴ですけど、中に入っていく。点も取れるところも見せたいと思っていました」とコメント。「クラブでも中に入るシーンが増えていて、代表でも出せて、点も取れて、良い状況が続いていたと思います」と、京都でインサイドハーフをやっている経験を活かし、しっかりと飛び出していこうと考えたようだ。

これでグループステージは突破。準々決勝、準決勝に勝利すればパリ行きが決まる。

現地、そして日本から応援してくれているファン・サポーターについて「今日の試合は遅い時間でしたが、みんなが絶対に観てくれていると信じていますし、次の韓国戦というのは非常に盛り上がると思うので、(西尾)隆矢を含めて、全員で勝ちに行くので、一丸となって向かっていきたいと思います」とコメント。中国戦で一発退場となったDF西尾隆矢(セレッソ大阪)の名前を出し、みんなで結果を残しにいくとした。

なお、第3戦のU-23韓国代表戦は、22日の22時キックオフ。テレビ朝日とDAZNで生中継される。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル