top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

山本耕史はアツい役がやっぱり似合う! 『花咲舞が黙ってない』で相馬が生み出すテンポ感

Real Sound

『花咲舞が黙ってない』©︎日本テレビ

 今田美桜が主演を務め、山本耕史が共演するドラマ『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)が、4月13日よりスタートした。

参考:令和版『花咲舞が黙ってない』は前作を超えられるか

 本作は、池井戸潤の同名小説を原作とし、銀行を舞台にした痛快エンターテインメント。2014年、2015年にも杏を主演にしてドラマ化されヒットを記録しているが、2024年版として約10年ぶりにリバイバルした。物語は、今田演じる舞が支店の窓口係から臨店班に異動するところからスタートしており、リバイバル前の出来事はリセットされている。つまり、パワフルな“花咲舞”を以前から知っている人もこれから知る人も、どちらも楽しめるドラマとなっている。

 『花咲舞が黙ってない』のタイトル通り、初回から舞は黙ってないし、とにかくアツい。だから相方となる、山本演じる相馬は冷静沈着であるはず、と思いきや、臨店班の執務室で肩を鍛えるなどしており、なんだか舞とは違った意味で熱い男であるよう。ちなみにトレーニングをしていた相馬を見て、支店統括部・次長の芝崎(飯尾和樹)は「今日は肩?」と聞いていることから、相馬は毎日違った部位を鍛えているのだろう。その点からも相馬が熱心な性格であることが窺える。

 そもそも筋トレが趣味なのは、ドラマのキャラクター・相馬ではなく、彼を演じる山本耕史である。爽やかでありながらがっちりした体格の山本が演じる役は、不思議と熱量が高ければ高いほど輝いたものになる。コンプライアンス意識の低い“昭和のおじさん”から、令和ではギリギリの“不適切”発言が多数飛び出し、話題となった『不適切にもほどがある!』(2024年/TBS系)で、山本はテレビの情報番組プロデューサー・栗田を演じている。栗田はコンプライアンスを意識し過ぎた番組作りを強いられて、本来なら問題のない言葉にも過剰に反応するようになってしまっていた。栗田は担当する番組で、急遽代打MCをつとめることになった八嶋智人(本人役)に、とにかく発言に気をつけるようにお願いするが、栗田の方が気を回しすぎてしまい、ついには「八嶋さんが言うとアウトに聞こえる」と元も子もないことを言ってしまっていた。でも、栗田のこの暑苦しいまでの“気にしすぎ感”が、逆に現代を象徴するものにしていたのではないだろうか。それに細かいことまで指摘していた栗田だが、その内容は思わず「たしかに」と納得するもので、的を射ていた。

広告の後にも続きます

 本作の相馬は、落ち着いていて、周りがよく見えている。第1話では猪突猛進、即行動派の舞が不審な支払記録のある島井製作所に突撃訪問している間に、相馬はその会社の登記簿を確認。そして舞がその会社に経営実態がないこと、相馬が代表取締役が問題となっている支店の関係者であることを突き止めた。

 舞は、相馬について「仕事に対してやる気がない」と言っていた。たしかに相馬は事なかれ主義で、言われたことだけをこなしていたいように見えた。しかし、不正を見て見ぬふりすることはなく、勝手に動き始めた舞を見捨てることもしなかった。それどころか相馬は、舞がやるべきことをしっかりやってくれると信じた上で、しっかり支えるような仕事をしたのである。舞と相馬、ふたりがナイスコンビであることは間違いない。山本は情熱と冷静さを絶妙なバランスで演じることができる。そしてその演技は、そのまま物語のテンポの良さにつながっているのだ。

 今回のことをきっかけに、さらに仕事にやる気を見せた舞。だが、相馬は組織の闇はもっと深いと指摘した。うまくやらなければ、臨店班まるごと潰されかねない。舞に振り回されるであろう相馬は、これからどう立ち回っていくのだろう。
(文=久保田ひかる)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル