top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『ガールズバンドクライ』はまるで実写ドラマの仕上がりに 突き抜けた3DCG&音楽の説得力

Real Sound

『ガールズバンドクライ』©東映アニメーション

 4月から放送されているアニメ『ガールズバンドクライ』が話題を呼んでいる。これまで女性を主人公に据えた音楽アニメといえば、『けいおん!』や『BanG Dream!』といった作品が一大ブームを巻き起こしてきたが、本作もそのポテンシャルを十分に備えたアニメだと筆者は言いたい。

参考:『ガールズバンドクライ』仁菜とすばるは次第に打ち解けていく

 正直、最初は半信半疑だった。アニメ制作会社大手・東映アニメーションと、音楽×クリエイティブカンパニー・agehasprings、大手レコード会社・ユニバーサルミュージックの3社がタッグを組んで制作。監督は『ラブライブ!サンシャイン!!』で監督を努めた酒井和男、プロデューサーは『ラブライブ!』シリーズ生みの親である平山理志、キャラクターデザインはVTuber「星街すいせい」のイラストを手掛けた手島nari、音楽はYUKIやAimerなどの楽曲プロデュースを行ってきたagehaspringsの代表にしてプロデューサーの玉井健二という名実ともに優れたクリエイターが集結するという大規模なプロジェクトである以上、必然的にアニメファンの注目を集めるわけだが、それ以上に目の肥えたアニメファンを納得させられるのかという心配があったからだ。

 だが、第1話の歌唱シーンの映像と音楽を観た時にその不安は払拭された。3DCGで描かれた滑らかな人物の表情や動き、そして劇中バンド「トゲナシトゲアリ」による圧倒的な表現力はそれだけで大きな説得力をもっていた。

 本作は高校を中退し単身で上京した井芹仁菜が、駅前でたった一人で歌うストリートミュージシャンの河原木桃香と出会い、ロックバンド「トゲナシトゲアリ」を結成。それぞれ境遇は違うものの、悩みを抱えた5人の少女が世の中の不条理さに立ち向かい、自分たちの居場所を探す青春ストーリーとなっている。

広告の後にも続きます

 上京してきた仁菜が駅前で桃香と出会い一緒に歌うまでが描かれた第1話。悩みを抱えた少女が音楽に救われて、自身もミュージシャンを目指すというストーリー展開はもちろん魅力ではあるが、本作のクオリティを担保しているのは3DCGによる映像とトゲナシトゲアリの音楽によるところが大きい。

 第1話では桃香がミュージシャンを辞めて旭川に帰ることを知った仁菜が、桃香がギターに残した「中指立ててけ!」というメッセージに感化されて、桃香への思いを叫ぶラスト。仁菜の「一緒に中指立ててくださーい!」の叫びとともに、トゲナシトゲアリの「空の箱」の歌唱シーンへと移る演出は初回としては素晴らしい掴みだった。また、3DCGによって歌唱時にはキャラクターの表情の機微が丁寧に描かれており、キャラクターに感情移入がしやすいという点も本作の見どころだ。

 東映アニメーションの平山理志プロデューサーは同作におけるアニメーションを「手描きのようでもなければ、ピクサーのようなリアルルックのものでもない、日本独自のCGアニメーションを目指しました」と語る。キャラクターデザインのイラストをそのままアニメーションで再現することを試みた作品であることも明かしており、そうした制作陣のこだわりが凝縮された第1話だった(※)。

 冒頭の仁菜の一人称視点が印象的だった第2話。足元をぐるっと見回しながら、主人公の存在を視聴者に意識させ、没入感を高めているシーンは3DCGならではの演出だ。その後にトイレの扉を開けるタイミングで三人称に変わるのも斬新な手法で面白い。また、仁菜の喜怒哀楽も印象的だった。過去のトラウマから桃香に紹介された同年代の安和すばるに対して冷たく当たってしまった仁菜が、帰り道に「馬鹿じゃねーの!」と大粒の涙を流し、泥酔したサラリーマンに怒鳴られる。仁菜の様々な思いが詰まった葛藤が表情から感じられ、まるで実写ドラマを観ているような感覚になった。

 音楽アニメである以上、映像と同様に重要な要素となってくる音楽であるが、本作に欠かせないのがトゲナシトゲアリの奏でる音楽だ。2021年6月から約1年半にわたって行われたオーディション「Girl’s Rock Audition」によって選ばれた5ピースバンドで、理名(Vo.)、夕莉(Gt.)、美怜(Dr.)、凪都(Key.)、朱李(Ba.)で構成されている。昨年8月にYouTubeに公開された「爆ぜて咲く」のMVは4月18日現在までで、1056万回の再生回数を誇っており、大きな反響が寄せられている。第1話から放送されたオープニングは、アーティストのMVのような迫力のある映像となっており、作品に彩りを与えていた。第3話以降、バンド活動が活発化していく中で、トゲナシトゲアリによる音楽とアニメーションが活かされたシーンも増えていくことだろう。

 第2話にして前評判以上の大きなインパクトを残している『ガールズバンドクライ』。豊作だとされている春アニメだが、本作は順調な滑り出しと言えるだろう。様々なメディアミックス展開も含めて、今後の動向が楽しみだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル