top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

すい臓がん闘病のサニージャーニーが街録chに登場 コメント欄では批判の声が目立つ

yutura

4月17日、「街録ch」(登録者数148万人)がYouTubeチャンネルを更新。「サニージャーニー」(同24万人)が登場しました。

街録chにサニージャーニーが登場

街録chとは、元テレビディレクターの三谷三四郎氏が、紆余曲折の人生を歩んできた人や、変わった経歴や趣味嗜好を持った人々にインタビューするチャンネルです。一般人だけでなくテレビマン時代の人脈を活かし芸能人にもインタビューをおこなっており、多くのファンを集めています。

今回の動画で登場した「サニージャーニー」は、妻のみずきと夫のこうへいによるYouTubeチャンネルです。一昨年11月、みずきはステージ4のすい臓がんと診断されたと公表し、以降がんの治療をしながらYouTube活動を続けています。

みずぎのがん告白は大きな注目を集め、3万人ほどだったチャンネル登録者は一挙に20万人に。視聴者からは心配や応援の声が寄せられましたが、一方で、「詐病」を疑う声も寄せられていました。
度を越えた誹謗中傷に悩まされていると告白したこうへいは、法的措置を表明。今年3月に誹謗中傷の犯人が書類送検されたと報告しています。

クラウドファウンディングの炎上を振り返る

17日の動画で、2人はみずきのすい臓がんが発覚した際の心境を振り返ります。
みずきは「誰かのためになるなら続ける価値はある」として、病気を公表した上で、YouTube活動を続けていくことに決めたそう。当時がんの知識がなかったというこうへいは「いくらお金がかかるか分かんなかった」「仕事はYouTubeしかしてなかったので」「とりあえずお金をたくさん集めないとっていうのはあって、なので『バズらせよう』っていう話はしてて」と発言。
その結果、膵臓がんを公表した動画は400万回再生を記録し、「ビックリはしましたね」と話します。みずきも

こんなに再生されたこと、今までなかった

“バズる”っていうバズり方だったよね

広告の後にも続きます

と振り返ります。

ネットで注目を集めた後、治療費を捻出するためにクラウドファウンディングを実施したことで、サニージャーニーは大炎上してしまいます。こうへいは「正直なんの治療受けるか分かんないけど、今のままだとみずきは死んじゃう」という気持ちだったといい、

僕のクラファンの目的としては、半分は治療費だったんですけど

半分はやっぱ、もういつ命が尽きるか分からないっていう彼女の夢とか、やりたいこと、なんでも叶えてあげたいっていうのはあって

と、クラウドファウンディングを始めた理由を話しました。

動画の後半では、抗がん剤による副作用との闘いや、闘病生活、余命宣告から奇跡の回復に至るまでを説明。今後の目標として、こうへいは「日本一周を再開させたい」と語りました。

 

次ページ:コメント欄で目立つ批判の声

コメント欄で目立つ批判の声

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(動画)

ジャンル