top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

侍JAPAN監督/井端弘和がNPBジュニアトーナメントでもセットポジション投手が圧倒的に増えたことで思うこととは!?【少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」】

ラブすぽ

教えて井端さん!高校入学前まで投手だった

プロ野球選手になるような人は、小学校や中学校では投手をやっているものです。井端弘和選手もそうでした。だから投手マインド(心)を持ち合わせていますし、一塁送球も素晴らしい球を投げるのです。

セットポジション投手が圧倒的に増えた

――NPBジュニアトーナメントを見学しました。全国トップクラスの小学生が集まっていて、セットポジション、クイックモーションを上手に使い、登板投手の平均球速は110キロでした。

井端弘和の答え

私は小学5年生から投手を始めましたが、当時はコントロールをつけるためにセットポジションで投げていました。バランス感覚と筋力がついてきた6年生になって、ワインドアップ・モーションにして球速も増しました。私の少年時代よりも、最近はセットポジションで投げる投手が明らかに増加しました。しかも、凄く速いクイックモーションで投げる投手もいます。走者がいなくても、打者のタイミングを外すためにクイックモーションを(球種として)使う投手もいます。「今はそういう時代なんだな」と感心かつ驚きながら見ています。

かつては盗塁を企てられたらオールセーフと諦あきらめるくらいでしたが……(苦笑)。全国レベルのバッテリーは、出塁したらクイックモーション、捕手が二塁ノーバウンド送球ですね。全国レベルのチームはもちろん、最近では「どうせ覚えさせるなら早いうちから」と、小学生にクイックモーションを仕込むのは、多くのチームの方針なのでしょう。

ただ個人的には、軸足に体重をのせて前に突っ込まないで投げられるようになってからのほうがいいのかなと思います。

広告の後にも続きます

【出典】『少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」』 著:井端弘和

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル