top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

柳楽優弥×黒島結菜×堤幸彦監督。衝撃コミック原作の獄中サスペンス「夏目アラタの結婚」

キネマ旬報WEB

 

連続バラバラ殺人の犯人である死刑囚、“品川ピエロ”こと品川真珠。彼女を訪ねた元ヤンキーの児童相談所職員・夏目アラタは、事件の真相を探るべく《獄中結婚》を申し出る──。『医龍-Team Medical Dragon-』で知られる乃木坂太郎の同名ベストセラーコミックを、柳楽優弥と黒島結菜の共演で堤幸彦監督により映画化した獄中サスペンス「夏目アラタの結婚」が、9月6日(金)より全国公開。ティザービジュアルと特報映像が到着した。

 

 

特報映像は声優・緒方恵美のナレーションで映画を紹介。ガタガタの歯並びで不敵に笑う真珠(黒島結菜)と、翻弄されていくアラタ(柳楽優弥)──両者の駆け引き、そして予期せぬ結末から目が離せない。

広告の後にも続きます

 

 

〈コメント〉

柳楽優弥
脚本を読ませていただき、夏目アラタというキャラクターは今まで自分が演じたことがない役柄だなと感じました。同時に、スリリングなストーリーを含めた作品そのものに魅力を感じ、是非にとオファーを受けさせていただきました。
現場では堤幸彦監督を筆頭に「いい作品にしたい」という高揚感を常に保ちながら、毎日撮影に集中することができました。アラタが対峙することになる真珠は、狂気と底知れない怖さをあわせ持つ連続殺人事件の容疑者であり死刑囚です。黒島さんが魅力的に、そしてとてもかっこよく演じられていたので、一緒にお芝居をするのがとても楽しかったです。
この作品は「もしかしたらありえるかもしれない…」という、ファンタジーとリアリティのギリギリのラインを攻めているところが個人的にはすごく面白いなと感じています。
アラタと真珠がどんな結末を迎えるのか。是非ご期待ください。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル