top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

超特急、ユニバーサル ミュージックとの“連結式”で藤倉尚社長と約束 「8号車のみなさんと東京ドームへ」

Real Sound

超特急&ユニバーサル ミュージック合同会社 社長兼最高経営責任者(CEO)藤倉尚(撮影=米山三郎)

 超特急が4月17日、秩父宮ラグビー場にて『超特急×ユニバーサルミュージック 連結記念イベント』を開催した。

(関連:【ライブ写真多数】超特急、ユニバーサル ミュージックと“連結”

 この日はユニバーサル ミュージックとの“連結”=プロモーション契約の締結後初となる作品、1st EP『Just like 超特急』のリリース日。集まった1万2000人の8号車(ファンの呼称)の前で行った“連結式”の模様をレポートする。

 19時の定刻を少し過ぎると、ピッチサイドに設置されたステージ上の照明が煌びやかに瞬き出す。それに呼応する8号車のペンライト。高まる客席のド真ん中の通路を突っ切って登場した超特急メンバーに、ひときわ大きな歓声が上がった。

 9人はそのままステージに上がると、EP『Just like 超特急』のリード曲「Steal a Kiss」でイベントはスタート。かっこよさとクールさが入り混じるダンス、艶やかなボーカルで一気に魅了していく。

広告の後にも続きます

 楽曲のパフォーマンスを終えると、あらためてメンバーの自己紹介へ。「みなさんのおかげでリリース日を迎えられました!」と感謝を伝えるタクヤ、「記念すべき日になると思う」とユーキが語るなど、和やかな空気のなかにも気合いが滲む。

 さて、ここでユニバーサル ミュージックとの“連結式”へ。ユニバーサル ミュージック合同会社の社長兼最高経営責任者(CEO)である藤倉尚氏がステージに登場し、大きな歓声が沸き起こる。

 頭をよぎるのは「“連結式”とは?」ということだが、「手を取り合って進んでいこう、という姿を見てもらう」とカイ。取り出されたのは大きな切符だ。これを藤倉氏が手に持ち、超特急メンバーがはさみで切れ目を入れるというわけだ。「いちばん切りたそうなヤツいるわ!」とリョウガが指名したのはタクヤ。超特急と8号車が息を合わせて「連結!」と掛け声を放ち、タクヤが切符のサイズに対しては小さな原寸サイズのはさみで印を入れ、無事に“連結”されたのだった。

 藤倉氏に向かって「僕たちの列車に乗車してもらっていいですか?」とリョウガ。戸惑う藤倉氏に、アロハとハルからかわいらしい「藤倉社長、お願い!」のおねだりがあり、無事了承を得たのだった。

 この“乗車”というのは超特急が昔、リリースイベントで行っていた縄跳びを使った電車ごっこのことだ。リョウガが2号車・カイを指名し、まずはふたりでステージを電車ごっこで1周し、「いやあ、すごいですね……」と藤倉氏。さらにユーキが連結し1周、そして「東京ドームでやりたいですね」という藤倉氏の言葉にこたえ、「その時のリハーサルということでみんなでやる?」と最後は10人で1周。「君との笑顔が終着駅に到着しました!」というリョウガの言葉で停車した。

 藤倉氏は「超特急が(ユニバーサル ミュージックに)きてくれて本当に嬉しいですし、今のファンを大切にしながら、もっとたくさんの方に知ってもらえるように全力で頑張ります」と語った。そんな藤倉氏に、「もしよかったら(ファンのことを)“8号車”って呼んであげてください」とタクヤが言うと「8号車のみなさんとともに東京ドームへ行きましょう!」と呼びかけた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル