top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

高校時代の彼氏は全員ラガーマン!網走の女子大生、卒業後の意外な進路とワケ:家、ついて行ってイイですか?(明け方)

テレ東プラス

4月8日(月)に放送した「家、ついて行ってイイですか(明け方)」(毎週月曜深夜)では、北海道・網走市で出会った、卒業間近の女子大生のお家について行きました。


気温マイナス5℃の夜の網走市内。豪雪にもかかわらず外で盛り上がっている女子大生集団に遭遇。番組スタッフが声をかけると、卒論が終わってその打ち上げ中とのこと。オホーツクにキャンパスがある大学で「香りと化粧品の勉強をしている」そうです。後から遅れてきた仲間は、この雪の中を素足にパンプスでダッシュ! 仲間が揃ったところで、「家、ついて行ってイイですか?」と交渉すると、悲鳴が(笑)。

【動画】初めての彼氏と…体に異変? 元ラグビー女子が母の言葉で決めた意外な進路とは?

みやこさん(22歳)は「やったー! いいよ、いいよ!」と歓喜し、目には涙まで浮かべています。聞けば、当番組のファンだそうで「私、絶対この番組に出るって思ってた」とのこと。夢が叶ってよかったです!


家に行く前にもうちょっと仲間と飲みたいということで、3次会のカラオケスナックに同行。卒論発表までお酒は我慢していたそうですが、「今日からバカ飲み! 楽しむどころか死ぬぜみたいな」と、みやこさん。網走での大学生活も残りあと1カ月。全員でKiroroの『Best Friend』を熱唱します。感極まったみやこさんは、卒業を前にしてまたしても号泣!
まだ3次会は続いていますが、みやこさんだけ中抜け。タクシー代をお支払いして、お家に向かいます。みやこさんは静岡県出身で、小学4年生の時から男子に混じってラグビーをしていたといいます。ずっと練習の日々で、これまでに右肩を2回手術した経験も。もともと北海道に来る予定はなく、女子チームがある県の公立大学に受からなかったらラグビーはやめると決めていたそうです。

卒業後の進路を聞くと、首都圏にある企業から内定をもらっているとのこと。その職業を選んだ理由について「自分じゃなきゃできない仕事をしたかった」という、みやこさん。果たしてその職業とは…?


1Rの部屋に到着すると、もうすぐ引っ越しのため、玄関の外には友だちに譲る予定のベッドや段ボールが置かれていました。玄関に入ると北海道らしくボードが存在感を放っています。女子大生らしいオシャレな部屋を見回すと…夜のランニングイベント「エレクトリックラン」に参加した際に着たというヘソ出しタンクトップを発見! 参加した仲間たちとお揃いのサングラスをかけて撮ったという集合写真は、まさに青春の1ページといったまぶしさを放っていました。
テレビの横に目をやると、高校時代に関東選抜で花園に出場した際のラグビーボールが。


中学生の時から使用していたヘッドギアやマウスピースは、女子らしくポップなカラーにアレンジされていました。ヘッドギアを久々にかぶって、カメラに向かってニッコリ! ラグビーに情熱を燃やしていたことが伝わってきました。


男性の中に混じって練習していたみやこさん、さぞかしモテたのでは? 「モテました」と即答! 他校と試合をすると連絡先を聞かれることも結構あったようで、「高校の時に付き合ってた人は全員他校のラグビー部の人」と暴露し、ニヤニヤする一幕も!

現在、彼氏はいないそうで、「別れました。この間」とボソリ。最近まで付き合っていたのは「漁師の人」!? 出会いのきっかけはホタテの養殖のバイト。網走では農家や漁業関係のバイトをする学生が多いといいます。「めっちゃ充実してて楽しかった」とみやこさん。漁船に乗っての作業は体力が必要ゆえに「男の強さっていうのをすごい感じたから、漁師のそういうところが良かったのかもしれない!」と笑います。

ひとしきり恋バナを聞いたところで、内定通知書を見せてもらいました。実は、みやこさんの卒業後の進路は「胚培養士」(医師の指導の下、体外受精を行う医療技術者)! なぜその仕事に就きたかったのかを聞くと、意外な答えが返ってきました…。とある日膀胱炎になり、病院へ行ったみやこさん。母親から思い当たるフシを聞かれ、彼氏とのことを正直に話すと激怒されたそうです。「あなたを産んだ時、不妊治療だったんだよ。(お母さんは)これだけ苦労したんだから、自分の体は大事にしなさい」と叱られたそうです。


「不妊治療をして生まれた子どもって絶対に親に愛されてるし、親も絶対に幸せになれる」。親が苦労して自分を産んでくれたことに深く感謝し、「私もそういう仕事に携われたら嬉しいなって思って」と胚培養士を目指した理由を明かしてくれました。

大学の仲間とは卒業後は離ればなれになるものの、「友情って絶対消えないかなって思うから」と仲間との絆に信頼を寄せます。「クソ馬鹿みたいにド寒い。けど、人があったかいしか取り柄がないくらい、あったかい。だから4年間やってこられた」。

取材が終わると、みやこさんは再び仲間と合流。6次会で元気に乾杯していました。北の大地で育んだ友情に乾杯! 新天地でも持ち前のガッツでトライしてください。

日曜よる8時50分からは「家、ついて行ってイイですか?」【体重が武器!189㌔男&15年マスク外さない男】を放送!

15年間マスクを外さない男性の衝撃生活▼189㌔巨漢芸人・ママタルト大鶴肥満が抱える葛藤と苦悩▼カブトムシ&アイドル大好き53歳▼衝撃体験した波瀾万丈シングルマザー

どうぞお楽しみに!
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル