top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「アシスタント」の監督と主演が再タッグ。アルバイト女性を悪夢が襲う「ロイヤルホテル」

キネマ旬報WEB

 

「アシスタント」のキティ・グリーン監督と主演ジュリア・ガーナーが再タッグ。荒野のパブで働くことになった女性2人の悪夢的体験を描いた「ロイヤルホテル」が、7月26日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開される。ティザーポスターが到着した。

 

 

親友のハンナ(ジュリア・ガーナー)とリブ(ジェシカ・ヘンウィック)は、旅行で訪れたオーストラリアで資金に窮し、田舎町の寂れたパブ〈ロイヤルホテル〉で住み込みのバーテンダーとして働くことに。するとそこで待っていたのは、飲んだくれた店長(ヒューゴ・ウィーヴィング)のパワハラや荒くれた客たちのセクハラだった。楽観的なリブは店に溶け込むが、真面目なハンナは追い込まれ、2人の友情は崩壊していく……。

広告の後にも続きます

元になったのは、ノルウェーの女性バックパッカー2人が住み込みで働くパブでハラスメントを受ける様子を記録したドキュメンタリー映画「Hotel Coolgardie」(2016)。キティ・グリーン監督は審査員を務めた映画祭で同作にインスパイアされ、このたび「アシスタント」と同様にパワハラ、セクハラを題材にした「ロイヤルホテル」を撮り上げた。物議を醸したラストシーンまで目が離せない。

 

 

「ロイヤルホテル」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル