top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

鈴木清順の脚本直しの詳細を 認識できるブックレットが秀逸 —『鈴木清順生誕100周年記念 シリーズ ブルーレイBOX』

キネマ旬報WEB

「殺しの烙印」

監督鈴木清順生誕百周年を記念し、彼の日活時代の作品からセレクトされた作品13タイトル(SP2本を含む)が2個のブルーレイボックス其の壱『セイジュンと男たち』其の弐『セイジュンと女たち』として発売中。ラインナップは前者が「殺しの烙印」「けんかえれじい」「野獣の青春」「俺たちの血が許さない」「勝利をわが手に-港の乾杯-」、それにSP「素ッ裸の年令」と「らぶれたあ」(SPは2本でディスク1枚)で6枚、後者が「河内カルメン」「肉体の門」「春婦傳」「関東無宿」「裸女と拳銃」で6枚となっている。各々に特典ディスク(DVD1枚)付属。さらに各ボックスには全52ページのブックレットが付いている(後述)。

収録作品を概観すれば分かるようにボックス「其の壱」には清順アクション映画の代表作の数々が奇妙な歌謡曲映画と共に並び、ボックス「其の弐」には野川由美子の全主演作をはじめとする女優陣の個性際立つ作品が収められている。

 

「河内カルメン」

清順といえば男性アクション。これはあまりに正しい反応であろう。「殺しの烙印」が第79回ヴェネチア国際映画祭クラシック部門で最優秀復元映画賞を受賞した事実から分かるように、その濃密なモノクロ映像は「アクションに奉仕するアクション」というコンセプト共々、現代アクション映画の祖型と見なすのが可能である。「野獣の青春」の過剰なまでにスタイリッシュな美学も世界的に注目を浴びている。しかし清順映画の奥深さはこうした男性スター映画によってのみ示されるものではない。そこに気づかせてくれるのが「其の弐」の野川由美子主演作、ということになる。戦時中、戦後初期、同時代、と様々な状況下に生きるたくましいキャラクターを描いて、まさに六〇年代女優アクション映画の精髄と呼びたい。特典についても触れておこう。映像面では故・青山真治監督との貴重なトークイベントの模様が収録(「其の弐」)される他、評論家上野昻志によるインタビューもたっぷり。そしてブックレットには各収録作品に対応した鈴木清順所有の最終脚本の一部が掲載されている(SPは脚本が見つからず未掲載)。

 

「けんかえれじい」

広告の後にも続きます

清順映画における脚本直しの周到さは、これまでスタッフや映画評論家森卓也の証言などで伝説的に語られてきたものの、現物が掲示されたことはない。今回、ご遺族の厚意により筆者はそれらをじっくり読ませていただくのが叶った。結論から言うと事実が伝説を超えるというか、聞きしに勝る膨大な量の書き込み、読み直しに感嘆した。その一部が既に封切り時に公刊されている脚本「けんかえれじい」は、当時問題視された物語の飛躍(北一輝の出現)のみならず演出手法の検討もじっくり行われ、その過程が逐一判読できる。日活時代の清順が多くの助監督陣(その後、日本映画を代表する監督になった人々)に刺激を与えたという、その理由がよく分かった。清順脚本読解、という新たな方法論は今後の映画研究における一つの規範を提示するものとなり得るのではないだろうか。

 

文=上島春彦 制作=キネマ旬報社(「キネマ旬報」2024年4月号より転載)

 

「鈴木清順生誕100周年記念シリーズ ブルーレイBOX」

●其の壱『セイジュンと男たち』(7枚組)
価格:33,000円(税込)
【収録作品】
「殺しの烙印」「けんかえれじい」「野獣の青春」「俺たちの血が許さない」「勝利をわが手に-港の乾杯-」「素ッ裸の年令」「らぶれたあ」
【特典映像】
・鈴木清順監督に聞く「映画監督とその人生」インタビュー【初出】
(聞き手:リピット水田堯 収録日:2014年10月26日・10月29日)※HD映像
・『殺しの烙印』監督インタビュー
(聞き手:上野昻志 収録日:2001年8月8日/2001年発売DVD(DVN-26)収録映像の再収録)
・『殺しの烙印』真理アンヌトークイベント
(聞き手:轟夕起夫 2023年11月5日新文芸坐『殺しの烙印』上映時撮影)※HD映像
・『殺しの烙印』1967年幻の劇場公開版/修正マスク映像【現在のマスターとの比較映像(一部HD映像)】
・『野獣の青春』監督インタビュー
(聞き手:上野昻志 収録日:2001年8月8日/2001年発売DVD(DVN-28)収録映像の再収録)
・『野獣の青春』監督インタビュー
(聞き手:上野昻志 1990年11月チャンネルNECO放送「スペースシアター・鈴木清順監督特集」)等
【映像特典】
 各ディスクに予告篇・ギャラリーを収録(特典DVDを除く、予告篇マスターの現存しない作品は収録されません)
【音声特典】
 『殺しの烙印』音声コメンタリー 鈴木清順監督・真理アンヌ/聞き手:轟夕起夫 ※既発DVDボックス同作品に収録され
 ていた音声の再収録。
【封入特典】
 限定ブックレット(全52P装丁/ 清順監督使用秘蔵台本復元ブックレット 解説:上島春彦)
【仕様】
 特製アウターケース、ピクチャーディスク
【封入特典】
・プレスシート縮尺再編集版

其の壱『セイジュンと男たち』ブルーレイBOXの詳細情報

 

  • 1
  • 2