top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「胸が痛い」落馬で藤岡康太騎手が逝去 妻と0歳児と35歳での死別にネット絶句

女性自身

「胸が痛い」落馬で藤岡康太騎手が逝去 妻と0歳児と35歳での死別にネット絶句(C)女性自身

4月6日に行われた阪神競馬7Rで競走中に落馬し、頭部と胸部を負傷して入院治療中だった藤岡康太騎手(35)が、10日の午後8時ごろに逝去したと11日、JRAが公表した。

 

藤岡騎手は’88年に祖父が厩務員、父が調教師という“競馬一家”で育ち、’04年に競馬学校に入学し’07年に騎手免許を取得してデビュー。

 

ルーキーイヤーからJRAで24勝をあげると、’09年にはG1初制覇。以降も安定した活躍をみせ、’23年は自身最多のJRA年間63勝をマークしていた。今年も先週時点で28勝と、昨年を超えるペースで活躍しており、通算の成績はG1・2勝を含む803勝。

広告の後にも続きます

 

訃報に際し、日本騎手クラブ会長の武豊騎手(55)は「こんなにつらく、悲しいことはありません。まだ、信じられないです。今後、康太の思いを胸に乗っていきたいと思います」とコメントしていた。

 

’23年には第一子が誕生しており、同年11月に第40回マイルチャンピオンシップ(G1)を制した際には、「(父になったことで)さらに頑張りたい気持ちになりました。帰って子供を風呂に入れないと」と話していた。

 

SNS上では妻と0歳の子供を残しての早すぎる死を、嘆く声が。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル