top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

マティス 自由なフォルム (Henri Matisse-Formes libres) 地中海のニースからやってきた マティスの晩年のフォルムの数々 色彩がゆれるヴァンスのロザリオ礼拝堂 2024年2月14日 (水)〜5月27日(月) 国立新美術館 企画展示室2E

cinefil

地中海では、一度はぜひ行ってみたい場所があります。

ヴァレリーのセートの港。

セザンヌが描いたサント・ヴィクトワール山。

そして今回の展覧会でご紹介される、

マティスが晩年にとりかかったヴァンスのロザリオ礼拝堂です。

広告の後にも続きます

(アンリ・マティス《花と果実》の展示 1952-1953年 ニース市マティス美術館蔵)「© Succession H. Matisse」

本展覧会では、フランスのニース市にあるニース市マティス美術館の所蔵作品を中心に、切り紙絵に焦点を当てながら、絵画、彫刻、テキスタイル等の作品や資料を約150点紹介しています。

それでは、Section1「色彩の道」、Section2「アトリエ」、Section3「舞台装置から大型装飾へ」,Section4「自由なフォルム」、Section5「ヴァンスのロザリオ礼拝堂」のなかから、主要な作品を、マティスの人生とともにご紹介いたします。

 

(乃木坂方面より国立新美術館のファサードを望む)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル