top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「CURATION⇄FAIR」の展覧会「美しさ、あいまいさ、時と場合に依る」がkudan house(東京・九段下)で開幕

cinefil

「展覧会で観て、アートフェアで買う」という新しいコンセプトのアートイベント「CURATION⇄FAIR」。その展覧会パート「美しさ、あいまいさ、時と場合に依る」が、東京・九段下の登録有形文化財「kudan house」において2月21日に開幕しました(2月21日は招待者のみ)。

川端康成と大江健三郎の文化論をキュレーションの起点に、古美術から現代美術まで、時代やジャンルを超えた作品が集結している、人間中心的な視点ではなく、「もの」の質と美に焦点を当てた展覧会です。

1階展示風景:左:山口長男《接》 (1967) 中央:古山師重《後ろどりの男女》  (貞享2年頃) 右:古山師重《鏡を見る男女》  (貞享2年頃)
photo©️saitomoichi

1階展示風景:川端康成《有由有縁》
photo©️saitomoichi

1階展示風景:《信楽壺》 (室町時代 15世紀)
photo©️saitomoichi

広告の後にも続きます

1階展示風景
photo©️saitomoichi

見どころが3点挙げられています。

見どころ①1927年に建てられた旧邸宅が展覧会の舞台に

会場のkudan house(九段ハウス)は1927年に実業家・山口萬吉の邸宅として竣工し、現在は国の登録有形文化財に登録されています。この邸宅は、日本を代表する3人の建築家(内藤多仲氏、木子七郎氏、今井兼次氏)によって建てられた、美しい曲線を施したデザインと鉄筋コンクリートの黎明期の代表作です。

見どころ ② 古美術から近代美術、現代美術まで、幅広いジャンルの作品が集結

1F〜3Fの空間には、李朝白磁壷や信楽壷に加え、青木野枝、伊藤慶二、香月泰男、小川待子、大西伸明、川端実、川端康成、熊谷守一、合田佐和子、橋本聡、山口長男、カズ・オオシロ、パブロ・ピカソ、シャプール・プーヤンなどの時間軸やジャンルを超えた作品が並び、ボイラー室などがある地下空間では、アーティストの橋本聡の群とシベリア抑留を生き抜いた香月泰男の絵画が共存しています。これらの作品は情報や文脈に依存することなく「もの」として等価に扱われて展示されています。

見どころ ③ キュレーター、アーティスト、振付師の異なる職能が交わり、作品を引き立てる展示空間

今回の展示構成には、キュレーションの遠藤水城、展示構成の五月女哲平、動作ディレクションの神村恵+福留麻里、というように複数の芸術領域の専門家が携わっています。彼らの共同により様々な年代やジャンルの作品との「時と場合に依る」出会いが促されます。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル