top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

『不適切にもほどがある!』突如挿入されるミュージカルに集まる賛否…振り付けは脚本家・宮藤官九郎の妻が担当していた

SmartFLASH

宮藤官九郎(写真:2020 TIFF/アフロ)

 

 ドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系)が好評だ。宮藤官九郎が脚本、阿部サダヲが昭和の体育教師役で主演を務める。1986年(昭和61年)から2024年(令和6年)にタイムスリップした阿部が、昭和では普通だった「パワハラ」「セクハラ」「モラハラ」行為を繰り出し、それが令和の時代に非難され、困惑するというコメディ。

 

 第1話(1月26日)は平均世帯平均視聴率7.6%、第2話(2月2日)は同7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2桁には届かなかったものの、SNSには、

広告の後にも続きます

 

《まさに自分の学生時代とリンク。懐かしい。。昭和。。つっぱりも多かった。。久々に素直に笑えたドラマでした》

 

 

《金曜が楽しみになる そんなドラマですね(笑) 官九郎さんのドラマはハズレがない(と勝手に思ってる) しかし過去の作品より全く異次元な(?)面白さで楽しませてもらってます》

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル