top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

「タレント吹き替えやめて」大島優子、マーベル映画声優挑戦に批判のいっぽうで『メリダ』『アンパンマン』実績評価する声も

SmartFLASH

 

 女優・大島優子が、2月23日に公開されるマーベル新作映画『マダム・ウェブ』で、主人公の日本語吹き替え声優を務めることが明らかになった。実写映画の吹替は初挑戦となるだけに、早くもSNSでは賛否の嵐が吹き荒れている。

 

 大島は、実写映画での声優は初だが、アニメ映画での声優は何度か経験している。2012年にはディズニー映画『メリダとおそろしの森』で主人公のメリダ役を、2015年には『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』でヒロインのミージャ役を演じた。

 

広告の後にも続きます

 

 過去作の印象から、今回の吹替抜擢を応援する声もある。

 

《大島優子さんについて厳しいコメントを残してる人が多いけど、『メリダとおそろしの森』を騙されたと思って吹き替えで一度見て欲しい。彼女の声優としての演技はかなり上手で、違和感なく物語に集中できたので批判は全くない。》

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル