top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

乾燥した手でもビニール袋を開けられる方法 便利な5選に「やるしかない」「ずっと悩んでいた」

grape [グレイプ]

乾燥している季節にスーパーのビニール袋を開けようとしても、パサパサになった指先ではうまく滑らず、スムーズに開けられません。そんな人に試して欲しい、絶対にビニール袋を開けられる方法をご紹介します。

乾燥シーズンに思い出したい袋の開け方

乾燥シーズンになると指先の油分が不足しがちになります。スーパーの袋をうまく開けられない時に「乾燥してる…」と気付くことも多いのではないでしょうか。ほかにも年齢が高くなるとそんな悩みを感じるシーンがあるかもしれません。

指先の油分が足りなくてビニール袋を開けにくいと感じたら、日常に取り入れやすいライフハックを発信しているまも(lifehack.mamo)さんの「パサパサ手でも絶対開けられる方法5選」を試してみませんか。

小分けのものを入れる時に使う透明のビニール袋、スーパーの持ち手付きビニール袋を簡単に開ける方法を教えてくれました。

透明のポリ袋の開け方1.ちょっと伸ばしてスライド

袋の口を両手で持ち、横にテンションをかけるようにして少し伸ばします。伸ばした後、前後にスライドするとあっという間に開きます。

透明のポリ袋の開け方2.パックにのせてスライド

広告の後にも続きます

肉や魚など、ラップで包まれたパック製品がある時には、パックの上に袋の口を置き、スッと下方向へスライドするだけであっさり開きます。豆腐や牛乳パックでも同じ要領で開けられますよ。

透明のポリ袋の開け方3.開くまでこする

袋の口を両方の手のひらではさみ、シュシュシュッとこすってみましょう。数回こするときれいに開けられます。

持ち手付きのビニール袋の開け方1.一部分を持って引っ張る

片端の持ち手と中央のしばるヒモ部分を持ち、左右にキュッと引っ張ってみてください。すると真ん中あたりに小さな三角形が顔を出します。三角形をつまめば左右に開きますよ。

持ち手付きのビニール袋の開け方2.端のズレを利用する

袋をよく観察してみてください。ぴったり重なっているように見える端ですが、実際にはわずかにズレているため、小さな隙間があります。隙間に指をすべらせて、空気を入れるように開きましょう。

乾燥シーズンにはどうしても悩みがちな袋の開閉ですが、まもさんの方法ならあっさり開けられます。ほかのシーズンでも、なかなか袋を開けられない時には役立ちそうですね。便利なライフハックをぜひ試してみてください。

※再生ボタンを押すとInstagram上で動画が再生されます。


[文・構成/grape編集部]

出典 lifehack.mamo
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル