top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「私はマリー・アントワネットの生まれ変わり」深田恭子の大マジメなブッ飛び発言/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 結婚秒読みとみられていた深田恭子が、個人資産100億円ともいわれる実業家の杉本宏之氏と破局したと、「スポーツニッポン」などが報じたのは2023年12月6日のことだった。

 記事によれば、彼女にベタぼれだった杉本氏を尻目に、深田が今秋、主演ドラマ「18/40~ふたりなら夢も恋も~」(TBS系)を手掛けた演出家を自宅に招き入れ、逢瀬を重ねていたという。これが事実なら、立派な二股ということになる。

 杉本氏は破局を認める一方、深田サイドは「プライベートは本人に任せております」と、彼女も41歳のいい大人なのであんまり騒がないで下さいよ的なスタンスをとっている。

 正直言って、それが正しいだろう。というのも、年齢もさることながら、おそらく視聴者がかねてから彼女に抱くイメージは清純派のそれではなく、ちょっとアンニュイな恋多き女性。そこが男性を虜にする小悪魔的魅力なのではないかと思うのだ。

 深田の記者会見で思い出すのは、2001年5月17日に都内で行われた「AVENIR」と題する写真集の発売記念パーティーでのワンシーンだ。この時、深田は18歳。写真集は15歳から3年間、月刊誌で撮りだめた秘蔵カットと、卒業旅行で訪れた憧れの地フランスで撮影したという豪華2冊セットで、15歳時の幻の初水着も収録というフレコミだった。

広告の後にも続きます

 撮影で行ったフランスの印象を聞かれた彼女は言った。

「私は前世がイルカ、前々世がマリー・アントワネット。(中略)コンコルド広場に行った時は、嬉しくて泣いちゃいました」

 突然のブッ飛び発言に、詰めかけた取材陣の表情は強張ったが、

「マリー・アントワネットが大好きなので、自分は生まれ変わりだと信じています」

 と大真面目だ。ただ、マリー・アントワネットはオーストリアとフランスの政治的同盟のためルイ16世に嫁ぐも、フランス革命で処刑されるという数奇な運命を辿る悲劇のヒロイン。そこで、途中に「イルカ」を挟み、

「次はイルカに生まれ変わって、人々に幸せを与えたい」

 と言うのだが、「深田恭子として生きていて幸せだけど、自由な時間が少ないので、来世は黒猫に生まれ変わって自由に生きる」のが、フカキョン的輪廻転生だという。会見場にいたスポーツ紙記者の話。

「これは占い師などにみてもらったものではなく、すべて自然にでき上がった物語なのだそうです。彼女は憧れの人を華原朋美と公言していますからね。いい悪いは別として、推して知るべし、といったところですかねぇ」

 今回の二股報道を受けて、ふとこの記者会見が頭を横切ったのだが、そのつかみどころがない不思議ちゃんぶりは、現在も健在だとされる。その魅力で今後も大いに話題を振りまいてもらいたい。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル