top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

サッカー元日本代表・李忠成「伝説のボレーシュート」は「確信しかなかった」瞬間胸中

アサ芸プラス

 サッカー日本代表の歴史の中でもサポーターの心に焼き付いて離れないプレー、忘れられない一瞬がある。

 2011年に行われたアジアカップの決勝、オーストラリア戦の延長後半で李忠成が挙げたゴールも、その1つだ。左サイドの長友佑都からのクロスを、左足のダイレクトボレーでオーストラリアのゴールに叩き込み、これが決勝点となって日本はアジアカップ優勝をつかんだ。

 李忠成氏が鈴木啓太氏のYouTubeに出演し、伝説のゴールの瞬間を語った。

 李氏は延長前半9分に途中出場。その時のことを、

「遅いよって。ポジティブですよ100%。出たらどうしようとか思わなかったですね。早く早くって、遅い遅いって。ザック、分かったからもう早く交代して1分でも俺に時間くれ。俺が決めてやるからって」

広告の後にも続きます

 と振り返った。そしてクロスを受けた瞬間、ゴール前の李氏はフリーでトラップしてからシュートを打つこともできたが、

「トラップするつもりは全くなかったですね。たぶん、周りはしろと思っていたと思いますけど。(ボレーは)得意だったし、ベクトルが自分に向いていてもうやるぞっていう気持ち100%だったんで、入るイメージしかない。毎日練習していたから不安なこともなかった」

 と、トラップは考えなかったという。

 シュートの前後はボールがコマ送りのようにゆっくり飛んでくるのが見え、どのタイミングで蹴ればゴールに入るのかまでわかったとか。

「動画を見ればわかりますけど、打った瞬間に僕はもう後ろ向いています」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル