top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「武田鉄矢先生に救われました」三原じゅん子“誰にも言えない”子宮頸がんとの孤独な闘い「特別なことじゃない」恩師の言葉

SmartFLASH

三原氏は、HPVワクチンの推進以外に、介護事業所を経営し、介護問題にも積極的に取り組んでいる

 

 40代後半から急激に高まる「がん発症リスク」。生と死の分かれ道で“選択”を間違えないために有名人7人が死の淵で選んだ、がん治療を徹底取材した。

 

 女優として活躍していた三原じゅん子氏を政界へと誘ったのは、子宮頸がんだった。

広告の後にも続きます

 

「自覚症状は何もなく、2008年に人間ドックと合わせ、念のため子宮がんの検診を受けたら発覚したんです。検査手術をおこない、細胞組織を調べたところ、子宮頸部腺がんだとわかりました。最初に診てくださった医師からは、子宮だけじゃなく、そのまわりのリンパ節もすべて摘出するしかないと言われました」

 

 

 だが、大掛かりな手術は女優生命を脅かすものだった。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル