top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

主演・橋本愛×新鋭・山本英監督『熱のあとに』メインビジュアル解禁!仲野太賀 木竜麻生に続き追加キャストとして坂井真紀、木野花、鳴海唯、水上恒司の出演を発表!

cinefil

主演に橋本愛、出演に仲野太賀、木竜麻生を迎えた、山本英監督最新作『熱のあとに』のメインビジュアルがこの度解禁され、さらに公開日が来年2月2日(金)に決定いたしました!併せて追加キャストを解禁となりました。

本作は、愛したホスト・隼人を刺し殺そうとした過去を持つ沙苗(橋本愛)の、振り切った愛し方を静謐な映像で描き出した物語。事件から6年後、自分の過去を受け入れてくれる健太(仲野太賀)と結婚し、平穏な日常を送っていた矢先、謎の隣人・足立(木竜麻生)が現れる。足立が抱える秘密、隼人の影に翻弄されながらも、沙苗が選んだ“愛し方”の結末とは――。主人公・沙苗のキャラクターは、2019年に起きた新宿ホスト殺人未遂事件から着想を得ている。

©2024 Nekojarashi/BittersEnd/Hitsukisha

この度解禁されたメインビジュアルは、沙苗と健太が湖畔に佇み、力強い眼差しでこちらを見つめる姿が映し出されている。物語の鍵を握る謎の隣人・足立のミステリアス横顔も配置され、「その愛は、本物ですか?」という挑発的なコピーが観客に問いかけてくる印象的なビジュアルが完成した。

また、山本英監督の商業デビュー作を彩る追加キャストとして、坂井真紀、木野花、鳴海唯、水上恒司の出演が発表された。

広告の後にも続きます

沙苗の母親・多美子を演じるのは、映画やドラマをはじめ数多くの作品に出演している坂井真紀
。娘の幸せを切に願い、健太と出会うきっかけとなるお見合いに同席する母親を演じる。沙苗が通うメンタルクリニックのカウンセラー・藤井を演じるのは、女優の他舞台演出家としても活動している木野花。沙苗の切実な言葉一つ一つを真正面から受け止める。林業に従事する健太の同僚・美紀を演じるのは雑誌「POPEYE」のガールフレンド特集号の表紙を飾り、注目を集めた鳴海唯。そして、沙苗が過去に殺そうとしたホスト・隼人を、今映画やドラマに引っ張りだこの水上恒司が演じ実力派俳優陣が唯一無二の愛の物語に命を吹き込む。

第28回釜山国際映画祭ニューカレンツ部門でワールドプレミア上映された本作は、第24回東京フィルメックスにて日本初上映された。

橋本 愛 仲野太賀 木竜麻生
坂井真紀 木野 花 鳴海 唯/水上恒司

監督:山本 英
脚本:イ・ナウォン 
プロデューサー:山本晃久

製作:ねこじゃらし、ビターズ・エンド、日月舎 
制作プロダクション:日月舎

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル