top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

圧倒的な映像が静かに問いかける、現代トルコ映画の到達点 『 葬送のカーネーション 』メインビジュアル完成、本予告映像も公開

cinefil

第 27 回ソフィア国際映画祭・審査員特別賞受賞、第 28 回テトゥアン地中海映画祭・コンペティショングランプリ受賞、そして2022 年には東京国際映画祭・アジアの未来部門に出品されるなど、「現代トルコ映画の到達点」として世界各国で注目を浴びるベキル・ビュルビュル監督による現代社会の寓話、映画『葬送のカーネーション』(原題:Cloves&Carnations)の、メインビジュアルと本予告映像が公開となりました!

両親を亡くした少⼥ハリメは、祖⽗のムサが約束を交わしたという亡き祖⺟の遺体を故郷の地に埋葬するため、祖⽗と棺とともに旅をすることに。 途中で出会う人々から “生きる言葉”を授かり、ハリメと祖父がその先にある越境の瞬間を夢見ながら歩みを続けてゆく寓話的物語。

©FilmCode

©FilmCode

©FilmCode

広告の後にも続きます

©FilmCode

©FilmCode

©FilmCode

©FilmCode

この度完成したメインビジュアルは、リアリズムと虚構(ファンタジー)が交差する本作を少女ハリメの眼差しが象徴しており、幻想的な映像美で綴られる物語の中で、今この瞬間にも起きている“現実”から目を逸らさせることのない、力強いビジュアルとなっている。コピーには、両親を失ったハリメの「天国のお母さん これが世界のすべてなの?」という問いかけを採用。美しくも退廃的な道を歩き続けるハリメが、その答えにたどり着くことができるのか、ぜひ物語の行く末を見届けてほしい。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル