top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

横浜流星がボクシングプロテストに合格! 芸人から歌手までボクシング「プロライセンス」を持つ芸能人たち

SmartFLASH

 合格後の鶴太郎は、当時、世界チャンピオンだった鬼塚勝也のマネージャーとして、鬼塚の世界戦では毎回、セコンドについた。リングサイドから「オニ! オニ!」と声をかける、鶴太郎の姿を覚えているボクシングファンも多いはずだ。鶴太郎はその後、世界チャンピオンとなった畑山隆則のマネージャーもつとめた。

 

 試合経験はないものの、演歌歌手の山川豊(64)は、プロライセンスのほかにトレーナーの資格も取得。内山高志や京口紘人ら世界チャンピオンを輩出した名門、ワタナベボクシングジムで、トレーナーとして若手の育成にもあたっている本格派だ。

 

 いまではマラソンのイメージが強い、タレントの森脇健児(56)も、ワタナベボクシングジムに所属して、1995年にプロライセンスを取得した。しかし、こちらも試合経験はない。

広告の後にも続きます

 

 プロテスト合格後、試合までおこなったのは、お笑いトリオ「ロバート」の山本博(44)だ。山本は『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)の企画でプロテストを受験。1度めは不合格に終わるも、半年後、2度めのプロテストに合格した。

 

 山本はプロテスト合格から7年後、ライセンス失効直前の2014年11月にプロボクサーとしてデビュー。後楽園ホールでデビュー戦(フェザー級4回戦)をおこない、現在、日本ランカーのジロリアン陸相手にTKO勝ちをおさめている。1戦1勝無敗で引退した山本は、2015年にトレーナーライセンスも取得し、「人生において食いっぱぐれの心配が減りました」と語っている。

 

 今後、横浜流星が実際にプロのリングに上がることがあるのかどうかはわからないが、その機会があれば、ぜひ彼の試合も観てみたいものだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル