top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

終戦後の日本に希望を与えた大スター!美空ひばりの活躍に初期作から迫る

HOMINIS

1989年6月に52歳で亡くなって30余年経った今も、昭和が生んだ最大のスターであり続ける美空ひばり。1937年に生まれた美空より3つ年下の俳優・原田芳雄に子ども時代の話を聞いた時、「俺たちは、ひばりちゃんの歌に救われたんですよ」と話していたが、第二次世界大戦終結時に5歳だった原田少年は、その翌年から彗星のごとく現れた天才少女歌手・美空ひばりの歌を聞いて、生きる希望を見出した。彼だけでなく、戦後復興を遂げていった日本人にとって美空ひばりの歌は、明日を生きる活力を与えてくれたのである。

また、美空ひばりは歌手だけではなく、161本もの映画に出演した名女優でもあった。そんな美空の出演作を4か月連続で特集放送。6月には、彼女が12歳から18歳までの少女期に出演した、『悲しき口笛』(1949年)、『東京キッド』(1950年)、『伊豆の踊子』(1954年)、『ジャンケン娘』(1955年)の4本と短編『花形歌手 七つの歌』(1953年)が放送される。

■スター子役として戦後の日本を鼓舞し、子どもたちに希望を与えた

『悲しき口笛』は12歳の時に出演した、美空の初主演作。空襲の焼け跡が残り、街には浮浪児が溢れていた終戦後の横浜を舞台に、戦地へ行ったまま生き別れになった兄・健三(原保美)を捜す、少女・ミツコ(美空)を描いている。浮浪児のミツコは、女給の京子(津島恵子)と流しのバイオリン弾きをしている父・修(菅井一郎)の父娘に拾われ、一緒に生活するようになるが、修が病気になり、ミツコと京子にさらなる苦難が襲いかかる。

この修の病気というのがメタノール中毒による失明で、戦後の混乱期には粗悪な密造酒を飲んで、失明したり亡くなったりした人が実際にいた。それだけでなく、困った時にミツコを助ける、風太郎と呼ばれた日雇い労働者の集団など、戦後の世相を織り込んだ波乱万丈な風俗映画になっている。

戦後の横浜を舞台に、浮浪児や日雇い労働者たちが懸命に生きる姿も映し出す『悲しき口笛』

(C)1949松竹株式会社

どんな苦難も持ち前の明るさと歌を歌うことで切り抜ける、ミツコを演じた美空が魅力的。復員した健三もミツコを捜していて、彼が出征前に作曲して妹に教えた歌「悲しき口笛」が、2人を結ぶ唯一の手掛かり。この主題歌は映画に先行してレコードが発売されたが、シルクハットに燕尾服姿で美空が歌う劇中の名シーンの影響もあって、当時戦後最大のヒット曲になった。

持ち前の明るさと歌で苦難を乗り越えていくミツコが魅力的(『悲しき口笛』)

広告の後にも続きます

(C)1949松竹株式会社

『東京キッド』は、この年5月に歌謡漫談の川田晴久らと共に渡米し、二世部隊記念碑建立基金募集公演を成功させた、美空の帰朝第1作。物語は、チャップリンの名作『キッド』(1921年)を換骨奪胎したもの。母親と死に別れ、10年前に自分と母を棄てた父親(花菱アチャコ)の手から逃れるために、靴磨きの少年に変装した少女・マリ子(美空)が、富子(高杉妙子)という女性に引き取られるが、彼女が事故死。富子に惚れていた三平(川田)と暮らすようになり、三平のギターとマリ子の歌で流しのコンビを組む。しかし、マリ子の父親が彼女を発見し、心が通い始めたマリ子と三平につらい別れが訪れる。

父親から逃れて靴磨きの少年に扮する少女と、彼女と流しのコンビを組む男性との物語『東京キッド』

(C)1950松竹株式会社

三平を演じた川田は、1948年頃から美空の才能に惚れ込んで、彼女の売り出しに尽力した陰の立役者。1951年に美空が独立プロ「新芸術プロダクション」を設立した時にも、この映画の監督・斎藤寅次郎と共に取締役の一人として加わっている。また彼だけでなく、映画には花菱アチャコ、堺駿二、榎本健一といったコメディアンが出演して、軽快な演技を披露しているのも見どころだ。

美空が慕う川田晴久らの軽快な演技にも注目(『東京キッド』)

(C)1950松竹株式会社

流しの場面では「悲しき口笛」も歌う美空だが、なんといっても主題歌「東京キッド」を歌う場面が目を引く。「右のポッケにゃ夢がある、左のポッケにゃチュウインガム」という歌詞は、戦後に入ってきたアメリカ文化に浸かりながら、未来へ夢を抱いていた、原田芳雄少年のような子どもたちの心に強く響いた。この映画によって美空は、歌手だけでなく映画の天才子役として一躍脚光を浴びることになった。

同世代の少年少女を勇気づけた美空の歌声が心を打つ(『東京キッド』)
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル