top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

永野芽郁、高橋文哉のハプニングに神対応 突然の事態にどよめき

シネマトゥデイ

永野芽郁と高橋文哉

 俳優の永野芽郁が16日、都内で行われた映画『からかい上手の高木さん』(5月31日公開)の完成披露舞台あいさつに登壇。共に登壇した高橋文哉に起こったハプニングへのとっさの“神対応”でファンを沸かせた。

 シリーズ累計発行部数 1,200 万部を突破する山本崇一朗のコミックを実写映画化した本作は、中学時代に隣の席の女子・高木さん(永野)にからかわれていた西片(高橋)の10年後の物語が描くストーリー。イベントには主演の永野、高橋のほか共演者の江口洋介、鈴木仁、平祐奈、前田旺志郎、志田彩良、そして現在放送中の実写ドラマ版(月島琉衣&黒川想矢主演)と共にメガホンを取った今泉力哉監督も登壇した。

 イベントではキャストが映画の舞台となった小豆島での撮影を振り返ったが、永野が突然、高橋の顔に手を伸ばすそぶりを見せ場内にどよめきが。高橋が汗を拭こうとした際、糸くずが目に付着してしまい、それに気付いた永野が即座に手を伸ばし、糸くずを取り除こうとした。

 何気ない永野の優しさだったが、映画さながらの仲の良い二人の様子に客席は大騒ぎ。しかし永野は会場のどよめきを気にすることなく、ファンや共演者が興味津々に見つめる中も淡々と糸くずを取り続け、「(気にせずイベントを)続けてください」と切り返して周囲を笑わせていた。

 永野は小豆島滞在中の島の人たちとのエピソードも披露。「1か月半弱いたので思い出はたくさんあります。食事も島でするので、いろんなお店に行ったんですが、居酒屋を経営する方やスナックのママさんとか、島の人との交流をたくさん持てました」と嬉しそうに回顧する。

広告の後にも続きます

 さらに永野は小豆島をお忍び訪問したことも明かし、「こないだ久しぶりに小豆島にお仕事で帰ったら、みなさんがこの映画の公開を楽しみにしてくれていました。連絡もせずに突然行って、お世話になった皆さんにお土産を渡しに行ったんです。『本物?』って聞かれて『偽物に見えますか?』って言いました。みなさん、映画のポスターをお店に飾ってくれたりして楽しみにしていました」と述べ、感慨深げな表情で「小豆島のみなさん、お元気ですか! また遊びに行くからね!」と呼びかけていた。(取材・文:名鹿祥史)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル