top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

プロ野球セ・パ交流戦“一触即発”ベンチ裏レポート(3)DeNA・バウアーの背信投球には理由が…

アサ芸プラス

 不安材料が尽きないのは、目下、セの首位を独走中の阪神とて同じこと。なんとチームトップの6勝を記録した大竹耕太郎(27)に「女難の相」がチラついているというのだ。

「ソフトバンク時代からSNSを用いた“DMナンパ”の常習犯と噂されていました。これまではファームを主戦場にしていたから表沙汰にならなかったのかもしれませんが、阪神の1軍選手ともなれば注目度は格段に上がります。噂が本当であれば、現役ドラフトで獲得を進言した岡田彰布監督(65)の顔に泥を塗らないか、一部では常に警戒する声が上がっている」(スポーツ紙デスク)

 そんな虎の指揮官にピリついた視線を送るのが日本ハムの新庄剛志監督(51)。スポーツ紙デスクが続けて、現役時代のシコリを明かす。

「評論家時代の岡田監督に成績不振について『“頑張ったで賞”はないわ』などとネチネチ酷評されていましたからね。さすがに記事では編集されて柔らかい表現になっていましたが、取材の過程で飛び出した辛辣なコメントは、人伝えに新庄監督の耳に入るもの。昨オフに2対2のトレードを成立させた時に『俺たちの仲なんで、どんどん動きましょう』とツーカーな間柄を猛アピールしていたのも、皮肉を込めた意趣返しなんだとか」

 アクセスもコスパも悪いと不評の新本拠地「エスコンフィールド北海道」に6月9日から乗り込んでくる岡田阪神を新庄監督がどう迎え撃つか、見ものである。

広告の後にも続きます

 話は変わって、最下位が定位置となっている中日では、立浪和義監督(53)の求心力低下が新米コーチにまで飛び火していた。

「選手たちは和田一浩打撃コーチ(50)にガッカリしています。“教え魔”の立浪監督と選手の間に立つ緩衝材になると期待されての入閣でしたが、ふたを開けたら、上の意見にまったく逆らわないイエスマンでした。しかも、指揮官に小言を言われて落ち込む選手たちをフォローするような立ち回りすらできないのですから‥‥」(球界OB)

 せめて交流戦で形勢を立て直したいチームだが、その体制が整っていないのが現状のようである。

 同じく巻き返しを図りたいのは、ピリッとしない投球が続く20年サイ・ヤング賞投手、DeNAのバウアー(32)も同様だ。

「デビュー戦こそ7回1失点に抑えましたが、その後2試合連続で7失点の大乱調。続くファームでの調整登板では、6回1失点でまとめましたが、その内容は2軍選手に8安打も打たれる体たらくでした」(スポーツ紙デスク)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル