top_line

癒されたいあなたへ。どうぶつニュースはこちら

【エスケープゴート】ヤギの飼育小屋で珍事件発生 まさかの場所から大脱走

おたくま経済新聞

 広島県北広島町にて養鶏業を営む「ふぁーむbuffo (ファームブッフォ) 」にて、小屋の扉は閉まっているのに、ヤギが外に脱走しているという、珍事件が発生しました。

 飼育員さんが小屋の様子を見に行くと……なんと、今まさに一頭がトタンの壁を強引にこじ開けている現場に遭遇。そのまま確保となり、事件は無事解決となったようです。これには目撃したワンちゃんもびっくり。

【元の記事はこちら】

 ことの発端は前日の夕方。放牧から戻し、小屋に入れたはずのヤギが、なぜか外に出ているのを飼育員さんが発見。出入りの扉は施錠されていた為、「何でだろう?」と感じながらも、その日はヤギを戻すのみで、小屋を後にしました。

 すると翌朝、ヤギは再び小屋の外へ。「これはおかしい」と周囲を調査すると、トタン壁を押し開け今まさに脱走している最中のヤギを発見。顔と左足が出ている光景に、思わず「えーっ!」と声を上げると、それを聞きつけワンちゃんも駆けつけました。

広告の後にも続きます

 このようにヤギが脱走しているのを見たのは、もちろん今回が初めて。どうやら壁に頭突きをしている間にトタンが歪み、釘が抜けて隙間が出来てしまったようです。この大脱走劇……まさに「エスケープゴート」。

 現場はさぞ緊迫した状況だったでしょうが、投稿には13万件を超える「いいね」が寄せられています。今まさにヤギが脱走を図るという写真のインパクト、そしてそれを眺めるワンちゃんという情報量の多い構図に、多くの方が笑顔になった模様。

 なお、トタン壁は即日補強され、以降は外に出ることはなくなった模様。ヤギは本日も元気に、放牧場で除草作業に励んでいます。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル