top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

障害のある猫が受け入れられる社会に 全盲猫との暮らしを発信する飼い主さんに話を聞いてみた

おたくま経済新聞

 生まれつきであったり、あるいは事故などで目が見えなくなることもある視覚障害。これはもちろん猫ちゃんにおいても起こり得ることですが、ツイッターで大きな注目を集めているのは全盲の猫、光(ひかり)ちゃんです。

 動画では、主に前足の感覚を頼りに、するすると器用にキャットタワーを降りる様子が見られますが、目が見えていないというハンデを一切感じさせないほどにスムーズで、あっという間に床に降りて見せました。

【元の記事はこちら】

 今でこそ、飼い主さん宅で元気な姿を見せている光ちゃんですが、元々は生後1か月ごろに非営利の保護猫活動団体「ちーむ にゃいんず」によって保護された子猫でした。

 保護時には酷い猫風邪による網膜剥離を患っており、すでに視力は失われた状態。なんとか一命はとりとめ、風邪症状は回復したものの、全盲という障害を持っているからか、その後なかなか譲渡会等で里親が決まらず。同団体でミルクボランティアをしていた飼い主さんが、家族として迎えることを決めたのだそう。

広告の後にも続きます

 当時飼い主さんはすでに2匹の保護猫と生活をしていましたが、全盲猫を育てるのは初めてのこと。大変な苦労があると覚悟していましたが……どうやらそんな心配は杞憂だったようで。

 光ちゃんはすぐに家の中のレイアウトを覚えるなど、あっという間に環境に適応したそうです。人間においても、障害がある場合は他の感覚が発達する、と言いますが、きっと光ちゃんも聴覚や嗅覚、触覚をフル活用しているのでしょう。

 また、他の猫ちゃんとの関係も良好で、仲良くじゃれ合い、お互いを共に暮らす仲間として認めているとのこと。動画にもあるように、キャットタワーを登ったり、おもちゃやボールを追いかけたりなど、動きはややゆっくりであるものの、健常猫と何ら変わりのない生活を送っているそうです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル