top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

岡田将生×中井貴一は最強のコンビに 『ザ・トラベルナース』満月の夜を彩る美しい最終回

Real Sound

『ザ・トラベルナース』©テレビ朝日

 『ザ・トラベルナース』(テレビ朝日系)が12月8日に最終回を迎えた。全8話とワンクールとしては短い物語となったが、基本的に1話完結型のドラマでありながら、少しづつ積み重ねていった先の綺麗なフィナーレだったように思える。

参考:『ザ・トラベルナース』『アトムの童』『最初はパー』 秋ドラマで奮闘する“コンビ”たち

 「ナースは人に寄り添い人を治すことができる」という矜持のもと、患者に寄り添い続けてきた静(中井貴一)。マルファン症候群による大動脈弁閉鎖不全から倒れてしまう静に、最後は歩(岡田将生)が寄り添うというのが大まかな最終回の内容だ。

 第1話では意識、プライド、態度と全てがデカく、看板ドクターである神崎(柳葉敏郎)にも楯突くほどのトラブルメーカーだった歩が、最終回では静のオペのため、神崎に頭を下げるほどになっていた。神崎の腕をもってしても難しい手術だが、“ゴッドハンド”と呼ばれるニューヨークの医者・シェルプが静のオペを引き受けてくれることになった。患者である静と一緒に歩もニューヨークへ行って、手術を手伝うことがシェルプの条件。つまりは、トラベルナースとして天乃総合メディカルセンターとはお別れということになる。

 しかし、『ザ・トラベルナース』では『孤独のグルメ』(テレビ東京ほか)や第7話での映画『カメラを止めるな!』としか思えない礼(荒木飛羽)が監督を務めた『ゾンビは生きている』と、様々なリファレンス要素が散りばめられていたが、最終回で久々に登場した神崎もまたあえて“ギバちゃん”に寄せた演技。神崎が静にささやいた「これでチャラにしてけれ」の秋田弁も、『踊る大捜査線』(フジテレビ系)の室井慎次を彷彿とさせる。

広告の後にも続きます

 「一人で死ぬのは怖い。だから君に看取ってもらいたいんだ」と静が歩に本心をさらけ出したことで、2人は一気に距離が縮まっていく。フローレンス財団の理事長として、別の名を“あしながおじさん”として、遠くから歩を見つめていた静。第1話にてバスで一緒になったのも、アメリカから帰国するように呼び出したのも静の考えのもと。そして、最後の最後で静がなぜ歩を援助し続けてきたのかが明らかになる。静が歩に渡すのはペンダント。そこには亡き歩の母と幼き歩の姿が写し出されていた。

 それは静がかつて歩の母を看取っていたということ。早くから2人は出会っていた、まさに“運命の人”ということになる。全てを理解し「今度は僕が静さんを守る」と歩は決意を新たにする。メソメソしていたことからの「歩ちゃん」という呼び名を拒んでいた理由、さらに「静」という女性とも取れる記憶のすり替えが見事な部分だ。

 ナース陣からお似合いのパートナーとして見られるほどに歩と静は最強のナースコンビとしてアメリカへと出発していった。似ても似つかぬデコボココンビなのは第1話から変わらないだろう。

 『ザ・トラベルナース』は既成概念を打ち破っていく、新たな医療ドラマだった。まだまだ日本では馴染みのない男性ナースの存在。ラストに登場したニューヨークのシェルプが女性医師だったこともその一つと言える。「コールドムーン」と呼ばれる満月の夜に最終回を迎えたこともまた美しい幕切である。(渡辺彰浩)

 
   

ランキング

ジャンル