top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『RIDE ON TIME』Sexy Zone特集第2話オンエア 佐藤勝利が今感じている“中島健人へのリスペクト”

Real Sound

Sexy Zone(C)フジテレビ

 『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(フジテレビ)本日12月9日放送回では、Sexy Zoneの特集第2話がオンエアされる。

(関連:中島健人が語ってきた二宮和也への愛とリスペクト 映画『ラーゲリより愛を込めて』で受けるさらなる刺激

 番組では、サマーツアー『セクシーゾーン ライブツアー2022 ザ・アリーナ』で流れるメンバー映像の撮影現場を取材。早朝から夜中まで行われたロケの裏側に密着する。1980年代を意識したという今回の映像の世界観は、メンバーたちが自ら決めたテーマ。松島聡は「これまでは、いろんな大人の皆さんにアイデアをもらって、それを僕らが料理してきたけど、今はそうじゃなくて。責任感を持って、自分たちのやりたいことを表現していく」と心境を語る。菊池風磨は「“新章の幕開け”って、成人したという感覚に近いかもしれないですね。自由が増えたぶん、責任も増えている」と覚悟を見せる。今回のアリーナ公演の映像演出を務めるのは中島健人。撮影現場でもこだわりを見せ、「遠い夢の話ですけど、いつかは映画でメガホンを取りたい」という彼は、クリエイティブな夢を打ち明ける。

 ジャニーズ史上最年少でのCDデビュー以降、常に第一線で活躍しつづけてきたSexy Zone。7年続くレギュラー番組に出演している中島は「なんとしてでも、爪痕を残す。歌番組でも印象的なことを言う、バラエティーでも絶対に目立つ」と改めて強い信念を明かす。「会見とかでも、新聞に載る言葉って、絶対に中島健人が話した内容なんですよ」と話す佐藤勝利は「それでもう、昔は“このやろ~!”ってずっと思っていて。ケンティ(※中島の愛称)がそうやって出来ることは本当にすごいことだと思うし……。一回、邪魔したことがありますもん。本人が覚えてるか分からないけど、俺はすごく覚えてる。悔しくて……」と、10代の頃のエピソードを告白。そんな過去を経て、佐藤が今、感じている“中島へのリスペクト”を語っていく。

 一方で、菊池はバラエティーの収録でMCに挑戦。「台本を覚えたからといって、うまく立ち回れるわけじゃない」という彼が考える“バラエティーMCの楽しみ方”とは。さらに、菊池は連続ドラマの撮影で“猟奇殺人犯”を熱演。難しい役柄に挑んだその舞台裏に密着する。

広告の後にも続きます

 グループでの活動をはじめ、個々の仕事にもまい進するメンバーたち。取材を続ける中で、菊池は「こんなに(仕事の幅が)広がるとは想像もしていなかった」といい、松島も「今まで届かなかったようなところに、僕らもたどり着けるようになった」と振り返る。舞台の本番を終えたばかりの佐藤は「お疲れ様でした、ちょっと来てください……」と自らカメラを呼び寄せて、“ある場所”へと向かう。

 そんな中、中島が海外ドラマの撮影を終え、イタリアから帰国。番組スタッフが空港からタクシーに同乗し、車内でインタビューを始めると「自分の中で衝撃的な1カ月になりましたね。とてつもなくシビれた……」と中島。帰国直後の彼は、いったい何を語るのか。

 さらに番組では、“ふまけん”の愛称で親しまれている菊池と中島が共演するCM撮影の裏側にも密着。息ぴったりの2人にも注目だ。(リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング

ジャンル