top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

堤幸彦監督によるミステリー映画『ゲネプロ★7』2023年4月公開へ 主演は三浦海里

Real Sound

三浦海里©︎映画「ゲネプロ★7」製作委員会

 三浦海里を主演に迎えた堤幸彦監督作『ゲネプロ★7』が、2023年4月21日に全国公開されることが決定した。

参考:堤幸彦監督が佐藤二朗と語り合う、“ほんとうに撮りたいもの” 50作目を終えての決意

 若者から絶大な人気の7人組ユニット「劇団 SEVEN」。話題の新作舞台『シェイクスピア・レジェンズ』の準備に向けて、新たなメンバー山井の加入が控える中、カリスマ的リーダーの蘇我が急死する。蘇我を失った劇団は何かが崩れ始め、お互いのミスを責め合い、稽古には身が入らず、信頼関係に亀裂が走る。さらに、“ある秘密”が彼らに告げられたことで、運命の歯車は容赦なく狂い出す。誰かが俺たちを操っているのか、何者かが劇団に仕掛けた“罠”なのか。一人、また一人と、不気味な影が彼らを嘲笑う。とまらない猜疑心と焦燥感。7人の絆を打ち砕こうとする黒幕の正体とは。

 監督を務めたのは、『SPEC』シリーズや『十二人の死にたい子どもたち 』、『ARASHIAnniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』の堤。主演は、ABEMAで 2020年9月から放送されたオーディション番組『主役の椅子はオレの椅子』で主役の座を獲得した三浦が務める。堤監督は、三浦を「オーディションを勝ち抜いてきた理由がよくわかった。集団の中で存在感を出す事が天才的にうまい。逸材!」と絶賛した。

 本作は、三浦演じる新人俳優・山井啓介が、若者から絶大な人気を誇る7人組ユニット「劇団 SEVEN」のリーダーの突然の死後、新たなメンバーとして入団するところから始まる。7人の俳優たちは、シェイクスピア作品の登場人物たちが真の主役を奪い合う新作舞台『シェイクスピア・レジェンズ』に挑む。その制作発表記者会見から、ゲネプロ(=最終リハーサル)までの13日間を描くミステリー作品だ。「劇団 SEVEN」の他メンバー6人の情報は、12月9日から毎日18時に1人ずつ発表される。

広告の後にも続きます

■コメント
・堤幸彦(監督)
わずかの日程でしたが、人気はあるが目的を失った男達の劇団の悲哀を密室劇場空間でアクションたっぷりに撮影することができました。惚れ惚れする力量のキャストのパワーと魅力が満載です! 是非、映画館という『劇場』で彼らと同じ舞台に立って下さい!

・三浦海里(山井啓介・妖精パック役)
昔から沢山の作品を観てきた堤さんが監督ということで、撮影に入る前は「撮影が早く始まってほしい!」という気持ちと「このワクワクを取っておきたいから、始まって欲しくない!」という2つの気持ちがせめぎ合っていました。山井が「劇団 SEVEN」に1人で入っていく設定は、他のキャストの皆さんのほとんどが今回初対面だったので、自分自身とリンクして、おどおどしている様子は演じやすかったです。ゲネプロで妖精パックを演じるシーンでは、「この役を楽しもう!」と思ってやりました。

・堤監督から三浦へ
オーディションを勝ち抜いてきた理由がよくわかった。
集団の中で存在感を出す事が天才的にうまい。逸材!
(リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング

ジャンル