top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『ファーストペンギン!』“すごい景色“を見せてくれた奈緒 脚本に込められた漁師の願い

Real Sound

『ファーストペンギン!』©︎日本テレビ

 奈緒が主演を務める『ファーストペンギン!』(日本テレビ系)が12月7日に最終回を迎えた。

参考:奈緒が語る、俳優として覚悟を決めた“転機”「私自身も知らない私に出会える」

 和佳(奈緒)は浜全体を外国資本に売り渡してしまい、絶体絶命のピンチに陥っていた。最終回では、さんし船団丸に資金提供を行った食品商社「神饌オーガニクス」を仲介した波佐間(小西遼生)との戦いがクライマックスとなると思っていたが、それは言わば前哨戦。その奥にはそれらの取り引きの流れに政治的圧力をかけることのできる人物がいた。それが辰海(泉谷しげる)だ。

 汐ヶ崎を地盤に持つ元議員の辰海は、さんしに“針”として転覆事件の犯人・逢坂(矢崎広)を送り込み、さらには“財布“というキーワードで融資不適格の圧力を各所にかけていた。呼び出しを受け、和佳はラスボス的存在の辰海とついに対面する。数々の修羅場をくぐり抜けてきたアウトローの覇気全開の辰海は、自分のテリトリーである汐ヶ崎を乗っ取られそうになったことで怒り心頭に達している。

 辰海が和佳に提示してくるのは、お魚ボックスの停止。必死に食い下がる和佳に加勢したのは“針”や“財布“の証拠音源を録音していた漁協の杉浦(梅沢富美男)と安野(遠山俊也)だった。浜を救いたい気持ちはみんな同じ。それでも折れない辰海に、和佳は自身が水産の世界から身を引くことでお魚ボックスを残してもらうことを取り付けるのだった。

広告の後にも続きます

 和佳の異変にいち早く気がついたのは、やはり察しのいい永沢(鈴木伸之)だ。自分を犠牲にしてまでもお魚ボックスの存続をお願いした和佳。だが、片岡(堤真一)たち漁師は当然のように仲間である和佳を優先しようと動き出す。

 ここで爆発するのは、和佳の啖呵、魂の叫びだ。それは「クソひょっとこ!」と片岡らに怒号を飛ばした第1話を彷彿とさせるもの。演じる奈緒の迫力はかつてと同等、もしくはそれ以上だが、違うのはうっすらその瞳に涙が滲んでいることだ。片岡の提案に甘えて、息子の進(石塚陸翔)と一緒にさんしに残る選択もできた。けれど、和佳があえて怒りをあらわにしたのは、浜を思ってのことだ。

「この先にはいつか絶対にすごい未来が待ってるから。すごい景色があるはずだから、それを見せてよ」(和佳)
「もちのろんスケじゃ!」(片岡)

 片岡との約束とともに、和佳は進を連れて浜を去っていく。忘れてはならないのは、この『ファーストペンギン!』のストーリーテラーは高校生となった10年後の進(城桧吏)であること。エピローグ的にさんしのその後が語られる中で、「コロナ」という文字とマスクをするキャストたちの姿から、年代が現代に移ったことが示される。高校生となった進と再会する片岡。そこではお魚ボックスが全国に10船団に広がり、遠く離れた和佳に「すごい景色」を見せてくれていた。和佳にあるのは、何事も諦めない勇気ある心と物事を新しく切り拓いていくパワー。海を豊かにするためにと、今度は林業の“ファーストペンギン“として活躍していく未来が待っているのだろう。

 もう一つ忘れてはならないことは、この『ファーストペンギン!』が奇跡の実話をモデルにした物語であること。森下佳子によるオリジナル脚本ということもあり、実際とは違うとことも多々あると思われるが、「さんし船団丸」のモデルとなった「萩大島船団丸」の事務所を奈緒が来訪するHuluのスペシャルコンテンツでは、片岡のモデルとなった漁師の長岡秀洋氏が「漁業の世界は厳しいんです。私としてはこのドラマをきっかけに、1人でも漁師をやってみたい若者が出てきたら嬉しい」と話している。実際に今も漁師たちの物語は続いているということでもある。

 また、主演の奈緒にとって『ファーストペンギン!』は、役者として新たなギアを手に入れた作品だった。母親役への挑戦として髪の毛を切り臨んだ和佳という役は、女性が持つタフネスが魅力的な人物だが、情緒の激しい難儀な役柄。それを最終回では第1話を超える、憂いを帯びた演技へと昇華させた。“すごい景色“を見せてくれた奈緒の物語もまたこれからも続いていく。(渡辺彰浩)

 
   

ランキング

ジャンル