top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『マリオカート8 デラックス』第3弾追加コースが本日実装 年末年始も新コースで遊び尽くそう

Real Sound

『マリオカート8 デラックス』より

 『マリオカート8 デラックス』の有料追加コンテンツ、第3弾がいよいよ本日12月8日から追加される。本稿では、以前に公開された映像をもとにコースの内容をおさらいする。

参考:【画像】第3弾で追加される8コース なかには懐かしいものも……

 最初は、『マリオカートWii』の「メープルツリーハウス」。紅葉に彩られた巨大なツリーハウスを疾走する人気のコースで、ほんわかしたBGMも特徴的だ。まるで自分達がミニカーになったようなワクワク感も味わえる。道中には巨大なハナチャンもいるので、ライバルに気を取られて怒らせないように注意しよう。

 続いては、3DSの『マリオカート7』から「3DS レインボーロード」が登場。いくつもの惑星の間に張り巡らされた半透明で幻想的なレインボーのコースだけでなく、木星の環のような部分やゴツゴツした岩の上などもコースになっているようだ。また、不思議な輪っかをぐぐりぬけ滑空できるシーンも登場している。シリーズを通して人気のレインボーロードだが、3DS版よりもぐっと神秘的な雰囲気に包まれ、まるで別コースのようだ。

 ゲームボーイアドバンス向けに発売された『マリオカートアドバンス』から登場する「テレサレイク」は、不気味な雰囲気を放つコース。湖の上を走るのかと思いきや、途中で水中に落ち、水中を走るコースへと変化するようだ。過去作にはなかった要素が加わって、どんなコースになっているのか楽しみだ。

広告の後にも続きます

 続いては、『マリオカート ツアー』から「ベルリンシュトラーセ」。シュトラーセはドイツ語で、道路や街道という意味だ。道沿いには、たくさんのギャラリーが詰めかけているが、気を取られていると、壁ほどの巨大なバッタンに潰されてしまうので要注意。コースにはベルリンテレビ塔や、地下鉄のホームのような場所も確認できる。

 3DSの『マリオカート7』から、「ロックロックマウンテン」も登場。気持ちいいほどの高低差が特徴的なこのコースは、金網のジャンプ台からグライダーで大ジャンプをきめたり、急激な登り坂から巨大な岩がゴロゴロ転がり落ちてくるのをかいくぐる、アクロバティックな作りになっている。

 『マリオカートDS』からは、「ピーチガーデン」が登場。美しいピーチの庭園を走るコースで、ピーチやマリオの形に剪定された大きな木が印象的だ。優雅な庭園には何体ものワンワンが闊歩している。ぶつからないように気をつける必要はあるが、相手との駆け引きにも利用できそうだ。花壇もうまくよけながら、ライバルを出し抜こう。

 再び『マリオカート ツアー』から、「ロンドンアベニュー」。アベニューには、大通りや並木道という意味がある。レンガ道や橋などひらけた屋外や屋根のあるショッピングビッグモールなど、周辺の作り込みも見ていて楽しいコースだ。「ベルリンシュトラーセ」に続き、都市系のコースは2つの追加となった。

 最後に紹介するのは、これまた『マリオカート ツアー』から「メリーメリーマウンテン」。まさにこれからの季節にぴったりで、楽しくなるコースだ。レンガがしきつめられた街中からは、鉄道の線路の上を走る様子も確認できる。山を登って雪山からジャンプすると、イルミネーションに彩られた街に思わずうっとりしてしまう。

 紹介は以上となる。今回の追加で、ダウンロードコンテンツのコースの半分が出そろった。任天堂の公式サイトでは新コースごとのレース動画を観られるので、気になるコースの動画を前もってチェックするのもいいだろう。年末年始で、新コースを遊び尽くそう。
(文=にしなののか)

 
   

ランキング

ジャンル