top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『ELDEN RING』&『原神』がグランドアワードを受賞 『PlayStation Partner Awards 2022』授賞式レポ

Real Sound

「PlayStation Awards」より

 12月2日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、日本およびアジア地域で著しい業績を収めたプレイステーション用ソフトを称える『PlayStation Partner Awards 2022 Japan Asia』の授賞式を開催した。

参考:【写真】「PlayStation Partner Awards」受賞タイトルの代表者たち

 1995年より開催され、2022年で通算28回目を迎えたPlayStation Awards。本年度は”グランドアワード”を含め、全4部門・計13作品が名を連ねた。

 授賞式の前に行われた合同メディアインタビューでは、各部門で賞を得たゲーム作品のクリエイター陣が登壇。受賞に対する心境や開発時に心がけたことなど、2022年のヒット作品を取り巻くエピソードが語られた。

 2022年度の”グランドアワード”作品は、『ELDEN RING』(フロム・ソフトウェア)と『原神』(HoYoverse)の2タイトル。フロム・ソフトウェアのディレクターを務める宮崎英高氏はメディアに向け、「有り難い評価をいただきました。今後もより面白いもの、我々らしい作品を作っていきたいと思っています」とコメント。またHoYoverse・プレジデントのJim Yang氏も同じく、「2021年度に選ばれたことを大変光栄に思います。関わってくださったすべての方々に心より感謝申し上げます」と公式ページにて意を表している。

広告の後にも続きます

■『ELDEN RING』ディレクター・宮崎英高氏

 日本・アジア地域から生まれ、全世界売上の上位にランクインした計5作品には”パートナーアワード”が贈呈された。『ELDEN RING』の宮崎英高氏をはじめ、メディアインタビューに登壇したクリエイター陣のコメントは下記の通り(抜粋)。身をおく環境や手がける作品こそ違えど、ユーザーおよびゲーム市場と真摯に向き合う姿勢が一貫していたのが印象深い。

■『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』(アニプレックス)

「原作やアニメーションのクオリティを尊重し、ゲーム版でも変わらぬテイストをしっかり楽しんでもらえるように計画を進めました。一方でゲームだからこそ実現可能な演出、誰でも派手なアクションが楽しめる仕様を目指しました」(製作委員会一同)

■遊戯王 マスターデュエル(コナミデジタルエンタテインメント)

「大変多くの遊戯王ファンから反響をいただくことができました。その熱量がコミュニティを超え、さまざまなユーザーの皆さまへ波及したことを大変嬉しく思います」(プロデューサー・米山実氏)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル