top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

体脂肪はなぜいけない?どうして食べすぎると肥満になるのか?【体脂肪の話】

ラブすぽ

体脂肪はなぜいけない?どうして食べすぎると肥満になるのか?【体脂肪の話】

体脂肪がなぜいけないのか?

なぜ体脂肪は「減らしたい」とか「できるだけつけたくない」などと忌み嫌われるのでしょうか? それは言うまでもありません。体脂肪が増えると太って肥満になってしまうからです。適度な体脂肪は生きていくうえで必要ですが、増え過ぎると邪魔以外の何者でもありません。肥満は見た目が格好悪いだけでなく、さまざまな疾患を招くのが大きな問題です。

では、この体脂肪がどうやってつくかと言うと、基本的には食べたものがその源となります。食べたものは筋肉や内臓に栄養として取り込まれ、余った分はいざというときのために体脂肪として貯蔵されます。つまり筋肉や内臓が必要としている以上の栄養を摂ると、体脂肪としてどんどん蓄積してしまうのです。

食べ過ぎても筋肉や内臓がどんどん大きくなることはなく、増えるのは体脂肪ばかりです。なぜ食べ過ぎた分が体脂肪にばかり行くのでしょうか? 

それは、体脂肪を構成する脂肪細胞が膨らみ、分裂するという性質を持っているからです。この仕組みにより体脂肪はいくらでも増えることができます。恐ろしいことですが、肥満に上限はないのです。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 体脂肪の話』 監修:土田隆

『体脂肪の話』はこんな人におすすめ!

広告の後にも続きます

・カラダについている「体脂肪」を減らしたい
・体脂肪がつくメカニズムを知りたい
・健康的な食事について教えてほしい
・脂肪を落とすためのテクニックが知りたい

以上の方には「図解 体脂肪の話」は大変おすすめな本です。

私たちの生活に大きな影響を与えた新型コロナウィルス。
お家で過ごすことが推奨されている中で、運動不足になりお腹のお肉が気になっている日人も多いのではないでしょうか?そして、お腹のお肉、つまり「肥満」と切っても切れない関係にあるのが、「体脂肪」の存在です。

本書では、誰しもが知っておくべき「体脂肪」について、徹底的に解説します。誰しもが知っておきたい「体脂肪の基本知識」から、「体脂肪を落とすために知っておくべきこと」まで、すぐに使えてためになる実用的な情報を、図解で分かりやすくお教えします。

体脂肪ってなんでつくの?ほんとに不要なものなのか?

そもそも体脂肪とは何なのでしょうか?言ってしまえば、読んで字のごとく、体についた脂肪のことです。ステーキ肉の白い部分……と言うとイメージが沸きやすいでしょうか?

人間の体もステーキ肉と同じように、筋肉の部分と脂肪の部分とがあります。その割合はつぎのページにあるグラフのとおりで、体の大部分を占める水分を除くと、内臓や筋肉・骨などの固形成分が約22%、残りの約18%が脂肪という構成になります。この数字は年齢や体格によって比率は変わってきます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル