top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

<どうする家康>大貫勇輔、“義の男”浅井長政役で大河ドラマ初出演「武将役も初めてなので全てが楽しみ」

WEBザテレビジョン

<どうする家康>大貫勇輔、“義の男”浅井長政役で大河ドラマ初出演「武将役も初めてなので全てが楽しみ」

大貫勇輔が、2023年放送スタートの大河ドラマ「どうする家康」(夜8:00-8:45ほか※初回は15分拡大、NHK総合ほか)に出演することが発表された。松本潤主演、古沢良太が脚本を務める同ドラマは、誰もが知る徳川家康の人生を新たな視点で描く、ひとりの弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語。

大貫は、愚直なまでに信義を通す“義の男”、北近江の戦国大名・浅井長政を演じる。織田信長(岡田准一)と同盟を結び、政略結婚で嫁いできた市(北川景子)を慈しむ良き夫。信長ですら心を許す誠実さの持ち主。やがて、覇道を突き進む信長に不信感を募らせる。長政の真摯な言葉は家康の心にも響き、家康と深いつながりを持つことになる、という役どころだ。出演にあたり大貫がコメントを寄せた。

■「重みある彼の想いを胸に覚悟をもって演じたい」

――役柄説明を読んで、演じる人物の印象はいかがですか?意気込みとあわせてお聞かせください。

良き夫として、良き父として、良き武士として、様々な葛藤の末、彼は自分自身の正義を信じて突き進むことを選びます。愛する者がいながらも、自分の命をかけた選択に、僕自身、ものすごく心打たれました。その重みある彼の想いを胸に覚悟をもって演じたいと思います。

■「武将役も初めてなので全てが楽しみ」

――初出演される大河ドラマで、楽しみにされていることはありますか。

大河ドラマも初めてですし、武将役も初めてなので全てが楽しみですが、特に今回は、最先端の映像技術・インカメラVFXをはじめ、技術的にもチャレンジしているということで、それも本当に楽しみです!

■素晴らしい脚本に負けないように心を込めて演じます

――古沢作品の魅力や好きな作品があれば教えてください。

今回初めてご一緒させて頂けること本当に光栄です。特に「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズが好きです。ノスタルジックな雰囲気と、胸をグッと掴まれて気づくと涙が出てしまうような、温かい作品で大好きです。今回初めて(「どうする家康」の)脚本を読ませていただいた時に涙したのですが、素晴らしい脚本に負けないように心を込めて演じます。

――共演が楽しみな方がいらっしゃいましたら教えてください。

やはり松本さんです!プライベートで何度かお会いしたことがあり、「いつか共演したいです!」と話していたので、今回実現したことが本当にうれしいです!そして、個人的にはムロさんの大ファンなので影からジッと見つめてると思います(笑)。

■キャスト発表第6弾!酒向芳、立川談春に続く3人目

今回の発表は、大河ドラマ「どうする家康」公式Twitterにて行われており、大貫は、酒向芳、立川談春に続く3人目のキャスト発表となる。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル