top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

〈没後60年 ジャン・コクトー映画祭〉開催、めくるめく幻想世界を美麗映像で!

キネマ旬報WEB

 

小説、詩、舞台、絵画、映画などジャンルの垣根を越えて活躍し、2023年に没後60年を迎えるジャン・コクトーの特集上映〈没後60年 ジャン・コクトー映画祭〉が、12月30日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMAほかで全国順次開催。映画評論家・山田宏一のコメントが到着した。

 

「オルフェ」© 1950 SND (Groupe M6)

 

広告の後にも続きます

1889年パリに生まれ、若い頃から創作に打ち込み、人々を愛し、スキャンダラスかつ情熱的に生きたコクトー。活動の多彩さから“芸術のデパート”と呼ばれ、日本の作家・芸術家たちにも影響を与えた。

今回の映画祭では、「詩人の血」と「美女と野獣」が初めて4Kデジタルリマスター版で上映。イマジネーションと実験精神に溢れた幻想譚が、美麗に映し出される。

 

山田宏一氏コメント
ヌーヴェル・ヴァーグ(新しい波)とよばれたフランスの若い世代の映画作家たちはジャン・コクトーの自由奔放なインスピレーションに刺激され、敬意を表した。ジャン=リュック・ゴダールは『勝手にしやがれ』でデビューする直前に撮った短篇映画『シャルロットとジュール』をジャン・コクトーに捧げた。ジャック・ドゥミは心からの敬意をこめて『美女と野獣』のリメークとも言えるオトギの国の物語、『ロバと王女』を撮った。フランソワ・トリュフォーは『大人は判ってくれない』のヒットで得た収益の一部をジャン・コクトーの遺作になった『オルフェの遺言』の製作に注ぎ込み、『緑色の部屋』の「死者たちの祭壇」の中央にジャン・コクトーの遺影を飾った。
ジャン・コクトーもまた、『オルフェの遺言』をヌーヴェル・ヴァーグへの最後の挨拶、自らの「告別」の映画として撮り上げたのであった。
心ときめく映画史の響宴に立ち会えるジャン・コクトー映画祭だ。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル