top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ひろゆき、PCを寄付した児童養護施設を訪問 視聴者から絶賛の声

yutura

11月29日、「日経テレ東大学」(登録者数90万人)の不定期企画「Re:Hack旅」に2ちゃんねる創設者の「ひろゆき」(同160万人)が出演。青森県を観光する中で、昨年ひろゆきがおこなった“PC配り”の配布先となった児童擁護施設を訪問しました。

昨年話題になったひろゆきの「児童養護施設にPCを無償で配ろうプロジェクト」

昨年8月、ひろゆきは全国96の児童擁護施設にデスクトップPC323台、計5000万円分を無償配布するプロジェクトを実施しました。

“お金贈りおじさん”として知られる実業家の「前澤友作」(同139万人)との論争の中で、ひろゆきは現金ではなくモノを配るべきだと主張していました。

仕事ではPCのスキルが必須となっている中、PCを自由に使えないで生活する子どもたちが多くおり、「せっかくの才能を眠らせたままにしておくのは社会にとって損」だとするひろゆき。子どもたちがPCに興味を持つ入り口を用意すべく実施されたのが、ゲームができる高性能PCを児童養護施設に無料配布する企画でした。

広告の後にも続きます

なお、ひろゆきは今年もこのプロジェクトを実施する予定だと発表しています。ウェブサイトで企画の詳細を説明しており、現在クラウドファンディングも実施しています。

寄付したデスクトップにひろゆきの写真が

今回の「Re:Hack旅」は、ひろゆきがタレントの「あの」(同10万人)とともに青森県で1泊2日の旅行をする特別編。前・中編では世界遺産の三内丸山遺跡や不老ふ死温泉を観光しました。後編では、ひろゆきはあのと別れ、PCの贈り先となった児童養護施設「幸樹園」を訪問します。この施設には7台のPCが贈られたそうです。

ひろゆきは子供の居住スペースをいくつか見学。小さな子にも「西村と申します、お願いします」といつも通り挨拶します。施設の園長は子供にひろゆきが来ると伝えていなかったそうで、突然のひろゆき登場に大慌てする子もいました。

子どもたちがどんな環境で生活を送っているのか、ひろゆきは興味津々。施設で子どもたちはシェアハウス形式で生活を送っており、PCは共同スペースに設置されていました。PCにはどれも「それ、あなたの感想ですよね」と話すひろゆきの写真が。スタッフがこれに触れようとすると、ひろゆきは笑顔で「(話題にしなくても)別にいいじゃないすか」と照れくさそうにします。

YouTube

視聴者からは絶賛の声「次回作熱望」

子どもたちにPCをどんな用途で使っているのかヒアリングすると、YouTubeを見ると答えた子が大半でしたが、中にはプログラミングの勉強をしていると答えた子も。施設での普段の生活について、子どもと会話するひろゆきは始終笑顔。写真撮影やサインのもとめに丁寧に応じるシーンもありました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル