top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【新日本】ファレ&オーエンズが奮闘LA DOJOコンビ撃破で2勝目

プロレス/格闘技DX

【新日本】ファレ&オーエンズが奮闘LA DOJOコンビ撃破で2勝目

『WORLD TAG LEAGUE 2022 & SUPER Jr.TAG LEAGUE 2022』ツインメッセ静岡(2022年11月30日)
「WORLD TAG LEAGUE 2022」公式戦 ○チェーズ・オーエンズバッドラック・ファレvsゲイブリエル・キッド&アレックス・コグリン×

 ファレ&オーエンズが奮闘したLA DOJOコンビを破って2勝目を挙げた。

 元IWGPタッグ王者でもあるファレ&オーエンズはここまで1勝2敗と黒星先行。4戦目となったこの日、コグリン&キッドのLA DOJOコンビと激突した。

 まずはコグリンの援護を受けたキッドがセントーン、俵返しでオーエンズに先制。コグリンも強烈なチョップを連発し、キッドとの連続攻撃も決まったが、ファレがショルダータックルで二人まとめて黙らせる。二人がかりの踏みつけ攻撃でキッドをもん絶させ、オーエンズとの連続攻撃からラリアットを叩き込んだ。

 キッドがファレにトラースキックで反撃しても、オーエンズがコグリンを分断してタッチさせない。それでもオーエンズとのブレーンバスター合戦を制したキッドからタッチを受けたコグリンがファレ相手にショルダータックルやエルボー連打で正面突破を図ったものの、ボディスラムは投げられず。ファレがショルダータックルでねじ伏せた。

 キッドが飛び込んでもファレとオーエンズはグラネードランチャー(ラリアット&ジャーマン)で返り討ち。粘るコグリンもファレとオーエンズの同士討ちを誘い、ボディスラムでファレの巨体を投げ、オーエンズにフロントスープレックスを敢行したが、自らを鼓舞するコグリンにオーエンズのCトリガーがさく裂。間髪入れずパッケージドライバーで突き刺して3カウントを奪った。

 LA DOJOコンビの奮戦も光ったが、ファレ&オーエンズが2勝目。勝ち点を4に伸ばした。次戦は12・2大阪大会。昨年覇者・後藤&YOSHI-HASHIの毘沙門と激突する。「最後に見た時はこんな小さい道場ボーイだったのにな。アレックスとゲイブ、なかなかやるな」と認めたオーエンズは「あいつらを少しナメすぎてたみたいだ。今日はちょっと準備不足だった」と反省の弁を述べていた。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル