top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【新日本】鈴木&アーチャーが帝国軍粉砕で3勝目 「俺たちが目指すべき場所にまっしぐらだ」

プロレス/格闘技DX

【新日本】鈴木&アーチャーが帝国軍粉砕で3勝目 「俺たちが目指すべき場所にまっしぐらだ」

『WORLD TAG LEAGUE 2022 & SUPER Jr.TAG LEAGUE 2022』ツインメッセ静岡(2022年11月30日)
「WORLD TAG LEAGUE 2022」公式戦 ○ランス・アーチャー&鈴木みのるvsグレート-O-カーン&アーロン・ヘナーレ×

 鈴木&アーチャーがオーカーン&ヘナーレを粉砕し、タッグリーグ3勝目だ。

 2011年のタッグリーグ覇者でもある鈴木&アーチャーはここまで2勝1敗。11・27名古屋大会でオージー・オープンに初黒星を喫した。4戦目となったこの日は同じく2勝1敗のオーカーン&ヘナーレと激突。星を潰し合う形となった。

 場外戦で幕を開けると、オーカーンがラフ殺法で鈴木を攻め立てたが、鈴木はヘナーレをロープ越しのぶら下がり式腕ひしぎ逆十字で拷問。アーチャーと代わる代わるヘナーレをいたぶった。ヘナーレがニールキックで突破口を開くと、オーカーンが追尾式串刺し延髄ラリアット、スラムダンク、ショルダータックルで巻き返したが、みのるコールに呼応するように鈴木が串刺しフロントハイキック、ランニングローキックで鎮圧。オーカーンがエルボー合戦に持ち込んでも強烈な一発で返り討ちにした。

 すかさずアーチャーがアイアンクローで捕まえると、オーカーンもクロー攻撃で徹底抗戦。ヒザ十字固め、アキレス腱固めで絡みつく。大空スバル式羊殺しで捕らえると、鈴木がカットに急行。一本足頭突きを乱れ打ったが、オーカーンがフロントハイキック、ヘナーレがトラースキックを同時に放って蹴散らした。

 孤立したアーチャーだが、往復式串刺し攻撃でオーカーンとヘナーレをなで斬り。ヘナーレがスピンキックで反撃すると、オーカーンが大空スバル式羊殺し、ヘナーレが足関節を同時に決めた状態からアーチャーを叩きつける合体技をさく裂させたが、鈴木がオーカーンを分断。コーナーに上がったヘナーレに飛びヒザ蹴りを見舞ったアーチャーがブラックアウトで豪快に叩きつけて3カウントを奪った。

 鈴木&アーチャーが3勝目で勝ち点を6に伸ばした。次戦は12・2大阪大会。ニコルス&ヘイストのTMDKと激突する。「言っただろ。1敗など屁でもないと。むしろ、あの1敗を取り返すために残り全チームを破壊してやると火をつけられた。もう二度と同じことは起こらない」と残り全勝をぶち上げたアーチャーはTMDKに向かって「最後にノアでお前らを負かしてから、もう何年も経つな。俺がお前らを破壊して日本から追い出してから何年も経った。オーサカで同じ結果を突きつけてやる」と通告。鈴木も「てめぇら今日と同じ結果だ」と口をそろえ、「さぁ、まっしぐらだ。俺たちが目指すべきもの、目指すべき場所にまっすぐ進んでる」と優勝とその先を見据えていた。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル