top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ベビー用麦茶」って何が違う? 「離乳食始めた乳児も飲める」麦茶商品も…メーカー各社に聞く

J-CASTニュース

大手飲料メーカー伊藤園(東京都渋谷区)が販売する「健康ミネラルむぎ茶」が赤ちゃん用にも使えるとして、ツイッター上で話題になった。実際、公式サイトにも「離乳食が始まっていれば、赤ちゃんにもお飲みいただけます」と記されている。取材を進めると、他社の麦茶でも離乳食が始まった赤ちゃんが飲める物があった。

一方、麦茶の中には「ベビー用」であることを明示した商品が複数社から販売されている。一般的な麦茶と何が違うのか。複数のメーカーに詳しい話を聞いた。

伊藤園広報「離乳食が始まっているお子様から問題なくお飲み頂けます」

「健康ミネラルむぎ茶」のツイートがあったのは2022年11月8日。「乳児用規格適用食品と同等の管理をしています」というパッケージ表記に着目し、赤ちゃん用として使ったという投稿だった。

ツイッター上では「早速今日スーパーで買ってきます」「もっと早く知りたかった」などのコメントが寄せられている一方で、一部から「乳幼児規格適用食品とは放射線基準のことだから乳幼児用食品ではない」「お湯で薄めて冷ましてね」などの声も上がっていた。

伊藤園や厚生労働省のウェブサイトなどによれば、「乳児用規格適用食品」とは、厚労省が設けた食品中の放射性物質の基準値において、一般食品よりも低い基準値が適用されている1歳未満の子供を対象にした食品のことだ。

広告の後にも続きます

同社広報によると、「健康ミネラルむぎ茶」「香り薫るむぎ茶 ティーバッグ」シリーズの商品は全て「乳児用規格適用食品と同等の管理をしております」と書かれている。この表記がある「健康ミネラルむぎ茶」のペットボトルは、2017年3月頃から販売を開始しており、全国のコンビニやスーパーで購入できる。「健康ミネラルむぎ茶」には「製品に含まれるアレルギー物質(28品目中)無し」とも明記されている。

1歳未満の子どもも対象としている製品に「乳児用規格適用食品」と表示していたが、利用者の年代が幅広くなったため、1歳未満の子どもを対象にしつつ、1歳以上の利用者も対象とした「乳児用規格適用食品と同等の管理」という表記に変更しているという。

「乳幼児用食品ではない」という指摘に関して、「健康ミネラルむぎ茶」は乳児の飲み物として使えるかを尋ねると、広報は「お使いいただけます。麦茶はカフェインを含まないお茶なので離乳食が始まっているお子様から問題なくお飲み頂けます」と回答した。さらに「生後1か月頃の乳児」でも飲むことができるという。

「健康ミネラルむぎ茶 こどもむぎ茶」は何が違う?

一方、伊藤園は「生後1か月頃から」と明記された「健康ミネラルむぎ茶 こどもむぎ茶」も販売している。「健康ミネラルむぎ茶」が生後1か月でも飲めるなら、「こどもむぎ茶」は何が違うのか。

同社広報は、「健康ミネラルむぎ茶」が、

「赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層においしく飲んで頂けるように、やかんで煮出したような『甘くて、香ばしい』味わいの麦茶に仕上げております」

としたのに対し、「こどもむぎ茶」は、

「赤ちゃん向けの味わいに仕上げています。生後1か月頃の赤ちゃんからおいしく飲んで頂ける麦由来の『甘さ』を特徴としております」
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル