top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「臓器売買」ジョークは不適切? 富良野市PRアニメで物議 製作側は「ギャグの説明を求められるのはつらい」

ABEMA TIMES

 ドラマ『北の国から』で知られる北海道富良野市が揺れている。富良野市とのコラボレーションで製作されたアニメ『邪神ちゃんドロップキックX』の富良野編をめぐり、作中に「社会通念上許されない表現」があったと、市議会で問題視されているのだ。

【映像】問題視された「臓器売買」ジョークのアニメシーン

 『邪神ちゃんドロップキックX』は、女子大生の花園ゆりねと、下半身が蛇のギャル悪魔・邪神(じゃしん)ちゃんの同居生活をブラックな笑いで描いた作品。2021年9月に富良野市議会の承認を受けて、ふるさと納税で3300万円を集め、市が制作会社に委託し、22年8月に放送された。しかし11月15日、市議会の決算審査特別委員会が、予算の使い方が不適切だったとして不認定にした。

「社会通念上、許されない『臓器売買』の表現があるということに対して、市が何の問題も抱かず、そのままOKを出したことに問題がある」(富良野市議会議員・佐藤秀靖氏)

 問題視されているのは、借金返済に悩む邪神ちゃんに対し、親友のメデューサが「内蔵売ろ? 大丈夫、私の内蔵も一緒に売るから」と提案するシーン。その後、邪神ちゃん一行は富良野市内を満喫しながら、市民の温かさに触れるにつれ、改心して地道に働いて借金返済することを選ぶ——といったストーリーになっている。

広告の後にも続きます

 内容を確認したうえでの承認ではなかったのか。市担当者は、アニメの内容は制作プロダクションを通じて事前に確認しており、今年3月に完成したものは「市長試写」を経てから放映したものだと回答。市長は事前チェックしていたが、他の議員には大まかな内容しか周知していなかったとしている。

 制作サイドは、どう受け止めているか。『邪神ちゃんドロップキックX』製作委員会のプロデューサー・柳瀬一樹氏に聞いてみた。

「今回の場合、借金に追い詰められた邪神ちゃんが、普段天使のような優しいメデューサというキャラクターに『内蔵売ろ?』と真顔で言われて、それを(邪神ちゃんが)鼻水を垂らしながら『え?』と驚くところに面白さがある。ギャグアニメで『なぜ面白いのですか?』と説明を求められるのはつらい」(柳瀬氏)

 富良野市民に取材してみると、「ただでさえ市の財政がヤバいのにアニメに使うのは微妙」「このワンシーンだけみても富良野のイメージダウンにはならないと思う」といった声が出た。

 アニメジャーナリストの河嶌太郎氏は、「邪神ちゃん」の作風について、こう説明する。

「コメディーの過程で社会風刺的な表現があったり、もともと社会的な表現がされる作品。実際よくないことではあるが、借金返せないから臓器を売るしかない、というのは世界的にはあり、それをある意味で風刺している」(河嶌氏)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル