top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【全日本】新日本・永田が遺影抱いて猪木さんに追悼テンカウントゴング

プロレス/格闘技DX

【全日本】新日本・永田が遺影抱いて猪木さんに追悼テンカウントゴング

『2022旗揚げ記念シリーズ』東京・後楽園ホール(2022年10月2日)

 故・アントニオ猪木さん追悼セレモニーが後楽園大会開始前に執り行われ、追悼テンカウントゴングが捧げられた。

 今月1日に死去した猪木さんは38年間のプロレスラー人生で全日本のリングに上がることは一度もなかった。創設者の故・ジャイアント馬場さんとは日本プロレスの同期で、タッグチーム”BI砲”で一世を風靡した。その後、新日本と全日本に別れてから何度も馬場さんに対戦を迫り、79年8月26日、日本武道館で開催された『プロレス夢のオールスター戦』ではBI砲を復活させたこともあった。

 この日、全日本は猪木さんの追悼セレモニーを実施。新日本・永田裕志が遺影を抱き、出場選手がリングを取り囲む中、追悼テンカウントゴングが捧げられた。そして猪木さんのテーマ曲「炎のファイター」が全日本の会場に鳴り響くと、場内は大きな手拍子に包まれた。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル