top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

巨人は投打噛み合わずBクラス決定…五十嵐氏「今季を象徴するような試合内容」

ベースボールキング

巨人は投打噛み合わずBクラス決定…五十嵐氏「今季を象徴するような試合内容」

◆ 反撃ムードも凡退「こんなピッチングした後は大体点が入る」

 クライマックス・シリーズ進出を目指していた巨人は、負けたら終わりの土壇場で踏ん張りきれず、敵地でDeNAに0-1で敗戦。原辰徳監督の下では初めてCS出場権を逃し、5シーズンぶりの4位フィニッシュが決まった。

 中6日で先発した戸郷翔征が、初回二死無走者から佐野恵太に先制ソロを浴びると、打線はDeNA先発の今永昇太に対して、3回までパーフェクトに抑え込まれゼロ行進。

 4回に坂本勇人がチーム初安打となる左二塁打、7回に岡本和真の左安打とグレゴリー・ポランコが四球を選び、得点圏に走者を進めたものの、キレあるボールを投げ込む左腕の前にあと1本が出ず。8回には高梨雄平が招いた無死満塁のピンチを、ドラフト1位ルーキーの大勢が三者連続三振で切り抜けるスーパーリリーフを見せたが、9回も山﨑康晃を好機で攻めきれなかった。

 1日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の五十嵐亮太さんは「なんか噛み合わないというか、今シーズンのジャイアンツを象徴するような試合内容だった」と試合を振り返り、「チームの雰囲気もこうなってくると良くない。誰かキッカケになるような、キーになる選手が今年はあんまり出てこなかった気がしますね」と停滞感を打破する選手の不在を指摘した。

 ビハインドの8回無死満塁で3者連続三振の好救援を見せたクローザー・大勢には賛辞を送ったものの、「こんなピッチングした後は大体点が入る。これで入らないというのはちょっと苦しいですよね。ノーアウト満塁をゼロで抑えたら、なんとなくノッてきそうなのに乗りきれない」と、最後の最後まで投打の歯車が噛み合わなかったチーム状況に言及した。

 また、同じく番組に出演した谷沢健一さんも「今年のジャイアンツを見ると打つ方で繋がりを欠いている。得点力がもうひとつなかった。それから若い投手が出てきたけど、まだ安心して見きれない。見切り発車のような先発が多かったですよね」と、投打ともに不足している部分があったと指摘した。

 今季はNPB史上最多の8投手がプロ初勝利を挙げた巨人。谷沢さんは「来年は今年の経験を生かしてくれると思うけどね」と、ブレークしきれなかった有望株たちの成長に期待を寄せていた。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』


【動画】“超救援”で一気に逆転かと思われたが…DeNA-巨人のハイライト

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル