top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

いまだから話せる!『ONE PIECE FILM RED』ウタ役・名塚佳織が心を掴まれたシーンは「ルフィとシャンクスの共闘」

MOVIE WALKER PRESS

いまだから話せる!『ONE PIECE FILM RED』ウタ役・名塚佳織が心を掴まれたシーンは「ルフィとシャンクスの共闘」

『ONE PIECE FILM RED』(公開中)が記録を塗り替え続けている。公開20日で興行収入100億円を突破、38日目には動員人数1000万人を突破。公開46日間にして興行収入150億円を突破し、その勢いは留まること知らずだ。物語の舞台は、世界中が熱狂する歌姫ウタが初めて公の前に姿を現すライブが行われる島、エレジア。別次元と評されるウタの歌声を楽しみに、ルフィ率いる麦わらの一味や、海賊、海軍など、世界中のファンが会場を埋め尽くすなか、ウタが“シャンクスの娘”であるという衝撃的な事実の発覚で物語の幕が上がる。

本作のヒロイン、ウタ役はボイスキャストを名塚佳織、歌唱キャストをAdoが務め、二人一役で世界の歌姫、かつシャンクスの娘という重要なキャラクターを作り上げた。映画公開前に行った2ショットインタビューでは、名塚とAdoの『ONE PIECE』愛やウタ役に込めた想い、役作りの裏側などをたっぷりと語ってもらった。今回は、公開後の反響に、「やっとホッとできている」と話す名塚に、大ヒット公開記念インタビューを実施。具体的なシーンやセリフにも触れながら、いまだから話せるアフレコ裏話、そして名塚が「何度でも観たいおすすめシーン」も教えてもらった。

※本記事は、ストーリーの核心に触れる記述を含みます。未見の方はご注意ください。

■「結末を知ったうえでの収録でしたが、『ラストのことは考えず、目の前のことだけを考えよう』と」

アフレコは基本的に台本通り、順番に収録していったという。「結末を知ったうえでの収録でしたが、スタートを切った瞬間『ラストのことは考えず、目の前のことだけを考えよう』と切り替えました。目の前にあるセリフと、目の前にいるルフィとの対話だけに集中して収録していきました。順番に録れたことで、スムーズに気持ちの変化を作ることができました」と振り返る。

映画公開にあわせて、「週刊少年ジャンプ」本誌では、ウタが曲を作る際の心情がウタ漫画として描かれ、Youtubeでも歌姫ウタの日常や想いが垣間見える「ウタ日記」が配信され映画公開前からウタに注目が集まった。このことについては、「本編の収録が先だったので、役作りの参考にはできませんでした(笑)。アーティスト役なので、楽曲作りでの心情はとても大切。なので、私の役作りとしては、ウタの設定資料と一緒にいただいていたフルバージョンの楽曲を繰り返し聴くことでした。楽曲に込められた想いを私なりに想像を膨らませ収録に挑みました」と語った。

後からウタの心情を知ることで「答え合わせ」ができた部分もあった。「『ウタ日記』にファンの子からもらった手紙のエピソードがあります。自分の歌がいろいろな人の手助けになると気づいたきっかけが明確に描かれていることに驚くと同時に納得しました。そしてなにより、みんなのためにライブを開催したい、歌い続けたい、幸せにしたい、楽しい世界に連れて行ってあげたいという心情は、私が想像したものにとても近かったので『一緒だったんだ』とうれしさも感じました」。

フランスでは、初日動員数でアニメ映画トップとなり歴史的な大ヒット中。Apple Musicのランキングでは、主題歌「新時代」が1位、その他劇中歌も軒並み上位にランクインするなど、音楽シーンでも日本を席巻中だ。「自分のやるべきことを必死にやらなきゃという思いだけで初日を迎えましたが、この反響には本当に驚いています。映画公開前にミュージックビデオが公開されたり、『ウタ日記』では映画公開初日にウタがライブの日を迎えるんだという気持ちを感じられるようになっていた。観客の皆さんに公開前から作品を楽しんでもらうための仕掛けがすばらしかったと思います。

グッズやゲーム、テレビ番組でも様々な展開をして、いろいろな場所でルフィやウタに会える。映画のなかだけでなく、現実世界と地続きになっている感じが皆さんをワクワクさせたのではないかなと思っています。世界の反応を見て思うのは、やっぱり音楽、そしてエンターテインメントに国境は関係ないということ。いろいろな楽しみ方で盛り上がっていただけるのは、すごくうれしいし、欲をいうなら、もっともっとさらに広がっていってくれたらいいな」。

名塚の周囲の反響も、いつもとは違っていると教えてくれた。「大人になって、しばらくアニメから離れていた友達からの『観たよ!』『グッズ買ったよ!』とか、『アルバム、ダウンロードしたよ』という連絡が多かったです。原作やアニメを追えていなくても楽しめるのも『ONE PIECE FILM RED』の魅力だと感じています。ウタの目が髪の毛で隠れていたり、シャンクスやルフィも敢えて多く語らない。『背中で語る』じゃないけれど、ちょっと懐かしいかっこよさみたいなところや心情を想像する楽しさが、最近アニメに触れてなかった大人の心をくすぐったのかな、なんて思っています」。

■「ルフィとシャンクスが一緒の空間にいるのを私は生で見ているんです!」

『ONE PIECE』ファンの名塚がグッと心を掴まれたシーンは「ルフィとシャンクスの共闘」。ウタワールドにいるルフィと現実世界にいるシャンクスが、歌の魔王トットムジカを倒すため時空を超えて闘う。「すごく熱くなる瞬間です。2人が出会えないなかで、心はどこか通じ合っている。実際に同じ場所にはいないけれど、お互いに見えているような感じ、お互いのことを感じ合っているのがわかるあの瞬間は、すごく素敵だと思います。ルフィ役の田中真弓さん、シャンクス役の池田秀一さんは一緒に収録しているので、実際には隣にいるんです。ルフィとシャンクスが一緒の空間にいるのを私は生で見ているんです!最初は名塚として『2人が一緒にいる!カッコいい!』と興奮しちゃって(笑)。本当にすばらしい体験でした。とはいえ、ウタの収録中だったので、すぐにウタの気持ちで2人のやりとりを聞くようになったのですが、そうなるとやっぱり胸がいっぱいになりました」。

ウタのシーンでは「シャンクスがウタを止めに入る瞬間」に心を奪われたという。「すごく好きなシーンだけど、ウタの心情的にはその後のセリフにもあるように『会いたくなかった、でも会いたかった』なんです。ウタらしさがありつつ、ちゃんと本心も言えた瞬間で、私は大好きなセリフです。それまではウタって結構強がっていたし、意地も張っていたし、スタートを切ってしまったからには『もう戻れない』という気持ちもあります。ルフィやシャンクスが止めにきてくれても、『もう、後戻りできないんだよ!』と、自分の中でもどうしていいかわからなくなり、ちょっとパニックになっています。だけど、あのセリフを言った瞬間だけ、シャンクスに甘えられたのかなと思えたし、そこで肩の荷がおりたような気がしました。

一人でやり遂げるつもりでいたけれど、やっぱり助けてほしかった…という気持ちが上回るというのかな。一人の力で世界を変えるのは難しい。仲間や家族が必要だということを、ウタが素直に思えた瞬間のように感じています。自分のやり方が完全に正しいわけじゃないとわかっていながら、みんなが幸せになれる最善の方法だと考えスタートさせた計画。本当はそうじゃないという結果が見えてきて、悔しさ半分、うれしさ半分みたいな心情が見えるシーンでした」

前回のインタビューでは、好きなキャラクターについては「いろいろなキャラクターに恋をして、最終的にはサンジに落ち着いた」と語っていた名塚。『ONE PIECE FILM RED』を経て、恋するキャラクターに変化はあったのだろうか。「映画で麦わらの一味と赤髪海賊団がフィーチャーされているのを観て、最初のころ、みんなが仲間になっていくエピソードを全部読み返しています。実はもう2ターン目で(笑)、サンジのところをじっくり読んでいます。やっぱり彼氏としてはサンジが一番なのですが、『ONE PIECE FILM RED』では、ウソップもいいなって。お父さんとウソップが『重なっていく、重なっていく』と大興奮しながら本編を観ました。シャンクスはカッコいいけれど、ウタ役を演じてからはやっぱりお父さんとして見ちゃいます」。

■「シャンクスがウタを置いていくのは、自分が罪を被る意味もあったけれど、ゴードンのためでもあった気がしています」

舞台挨拶などで、ルフィ役の田中はウタ役を大絶賛。シャンクス役の池田からの「素敵な娘ができた」と感謝の言葉も印象的だった。「プレッシャーのあまり、必死にウタのことだけを考えて突っ走ってきてしまったと反省しています(笑)。周りの皆さんがウタを通して、私のこともひっくるめてケアしてくださっていることに、後からたくさん気づかされました。武道館でのワールドプレミアのときも、緊張しすぎてガチガチになっていたのですが、ほかのキャストの方たちから『頑張ったね』とたくさん言葉をかけてくださって…。皆さんが受け入れてくださったことが本当にうれしかったです。ウタのアフレコが始まる前に、フランキー役の矢尾(一樹)さんや、ゴードン役の津田(健次郎)さんから、『頑張って!』とメッセージをいただいたりもして。ずっと皆さんが気にかけてくださっていたことに、心から感謝しています」。

リピーターも続出しているなか、名塚の「何度でも観たい!」シーンを教えてもらった。「幼少期のウタとシャンクスがエレジアに行った時の会話です。『残ってもいいんだぞ』というシャンクスに『そうじゃない』と返すウタ。あのシーンはすごく好きで、何度も観たくなります。シャンクスの優しさも感じられるし、ウタにはすごく迷いが見える。自分にとってはとても魅力的な場所だけど、シャンクスたちがこの場所に留まることはないことはわかっているウタ。シャンクスと一緒にいたい、エレジアへはまたいつか来ればいいという気持ちを必死に伝えようとした時、その言葉を伝える前に『わかった』と抱きしめてくれるシャンクス。すごく短いシーンですが、2人の想いが通じ合っている感じが好きです。

だけど、事件が起き、シャンクスはウタを置いていく決断をします。ここからは私の勝手な深読みなのですが、シャンクスがウタを置いていくのは、自分が罪を被る意味もあったけれど、ゴードンのためでもあった気がしています。ゴードンの生き甲斐のために、そしてウタのためにも置いていく決断をしたと考えると『はーーあ、シャンクス!!!』ってなりますよね(笑)。大事に大事に自分を育ててくれたゴードンに対して、まるで反抗期のように反発しているウタですが、最終的にはゴードンの想いもウタにしっかり届いていると感じられる、その関係性も素敵だなと思っています」。

取材・文/タナカシノブ

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル