top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【NOAH】深々と礼…武藤が名古屋ラストマッチで快勝 新日本・棚橋との遭遇に含み

プロレス/格闘技DX

【NOAH】深々と礼…武藤が名古屋ラストマッチで快勝 新日本・棚橋との遭遇に含み

『GRAND SHIP 2022 in NAGOYA PRO-WRESTLING LOVE FOREVER.2 〜OUT BREAK〜』愛知県体育館(2022年9月25日)
○武藤敬司&藤田和之vs船木誠勝&中嶋勝彦×

 来年2月に引退する武藤敬司が、引退ロード第2戦で名古屋ラストマッチ。“野獣”藤田の強力援護を受けて鮮やかに快勝した武藤は、名古屋に観衆に深々と頭を下げて別れを告げると、新日本・棚橋弘至との遭遇に含みをもたせた。

 米AEWでグレート・ムタが出現した直後に迎えた名古屋での引退ロード第2戦。かつて故・橋本真也さんとIWGPヘビーを懸けて激突したこともある愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)を舞台に名古屋ラストマッチに臨んだ。

 2000年代初頭を彩ったテーマ曲『OUT BREAK』の旋律とともに武藤が姿を現すと、“さよなら”を言いに来た名古屋の観衆も大拍手で迎えた。

 カードは藤田と組んで、船木&中嶋組と対決するタッグマッチ。新日本・入門同期の船木と語り合うようなグラウンドを繰り広げた一方で、中嶋からは容赦なく泣き所のヒザを攻め立てられて劣勢が続いた。

 それでも中盤すぎにはドラゴンスクリューを連発して反撃。藤田との足4の字固めの競演も繰り出した。

 ならばと中嶋もスペースローリングエルボー→エースクラッシャーの惜別“武藤殺法”で反撃。船木とのサンドイッチ式ランニングローキック→ヴァーティカル・スパイクで仕留めにかかった。

 だが、藤田のカットに救われた武藤は、追撃のミドルキックをキャッチしてドラゴンスクリューを発射。すかさず藤田が顔面を非情のサッカーボールキックで蹴り抜くと、立て続けにシャイニング・ウィザードを叩き込んで中嶋から3カウントを奪ってみせた。

 藤田の強力援護を受けて、見事試合を決めてみせた武藤は、万雷の拍手のなか、リング上と花道奥で2度に渡って深々と頭を下げ、別れと感謝を伝えた。

 「船木や勝彦、藤田たちと闘うのも最後かと思うとやるせない。絡めて感無量ですよ。時差ボケではあるけど、やり切ったって気持ちはあります」。そう振り返った武藤は、「(藤田や船木には)闘う姿勢で背中をみせてもらって。俺はもう背中をみせることはできないからな。あとは船木とか藤田に託したわけであって。勝彦はあらゆることに挑戦して、きっと良いレスラーになると思いますよ」と3選手にメッセージを送った。

 続く引退ロード第3戦は10・30有明アリーナ大会。「棚橋もメッセージを俺に飛ばしてきてくれたりしてるからな。その点接点持てれば良いかな、なんて思ってますよ」とかつての愛弟子との再遭遇にも含みをもたせた。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル