top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

仲野太賀、市川実日子、要潤ら『ジャパニーズスタイル』クランクイン メインビジュアルも

Real Sound

×
『ジャパニーズスタイル』©テレビ朝日

 10月22日よりテレビ朝日系で放送がスタートする仲野太賀主演ドラマ『ジャパニーズスタイル』がクランクインを迎えた。

 参考:【写真】キャラクター衣装の仲野太賀、市川実日子、要潤ら

 本作は、テレビ朝日初となる本格シットコム。さびれた温泉旅館「虹の屋」の玄関とロビー、従業員室・大浴場の入口とエレベーターのみの限られた空間で、30分間ノンストップの群像劇が繰り広げられる。さらに、撮影自体もほぼ本番一発の長回しで行われる。

 脚本を手がけるのは、『俺の話は長い』(日本テレビ系)、『コントが始まる』(日本テレビ系)で知られる金子茂樹。金子にとって、本作はテレビ朝日での初オリジナル脚本作となる。また、監督は『にじいろカルテ』(テレビ朝日系)や『和田家の男たち』(テレビ朝日系)の深川栄洋が務める。

 主演の仲野は、市川実日子、要潤、KAƵMA、石崎ひゅーい、檀れい、柄本明ら共演者とともにクランクインを果たした。第1話本番終了後、出来を聞かれた仲野は「150点!」というコメントと同時に「ここから反省会ですね」と、第2話以降に向けて意気込みを見せた。

広告の後にも続きます

 一方、本番後「お客さんが入るとまたぜんぜん違いますね。少し台詞が飛んじゃった……」と焦りを見せたのが、流しのフラメンコダンサー・ルーシーに扮する市川。そんな市川と相反して、「え? 今のが本番だったんですか!? 気負いですか? ぜんぜんないです!」と余裕を浮かべたのは、UNO依存症の料理長・浮野役のKAƵMA。それでも「柄本さんが本番で、練習でやってないことを突然やったので、びっくりしました」とアドリブに驚いた様子を見せ、「もっと気合いを入れないと」と語った。

 また、檀が演じる母親と一輪車を愛する少年のような従業員・凛吾郎役の石崎は「この企画、誰が考えたんですかね? 人間のやることじゃないです」と苦笑。そして、「(仲野)太賀は本当によくやるよなぁ」と、座長の仲野をねぎらった。

 『虹の屋』の支配人・影島役の要は、「実は僕自身、一発本番が好きなタイプなんです」とコメントしたが、「本番には魔物がいる」とほぼ一発撮りならではの難しさも語った。

 あわせて公開されたメインビジュアルでは、仲野を中心に出演者が各キャラクターの格好で登場。そこに浮世絵風の波、イノシシにシカ、牡丹の花札モチーフなど“ジャパニーズスタイル”を思わせる画像、さらにカメラマンやオーディエンスがコラージュされ、作品の世界観が表現された。

 そんなメインビジュアルについて、都築歩プロデューサーは「懐かしいような、新しいような、“誰も見たことのない世界”をデザインで表現してみたいと思いました」とデザインの意図を明かし、出来栄えには「初めて見た時は、想像の斜め上を行っていて、とても良い!と思いました。同時に、斜め上を行き過ぎて、視聴者の皆さんが離れていかないようにしないとな……とも(笑)」とコメントを寄せた。

 さらに、メインビジュアルには「さぁ、くつろぎたまえ。」というキャッチコピーも添えられている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル